RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

東京ダービー

来年から東京ダービーの出走条件にJRAでの賞金が含まれなくなるので、転入即東京ダービーという事はできなくなる模様。
平成最初の東京ダービー馬はロジータだった。平成最後の東京ダービー、この平成の間に三冠短期決戦(アメリカンスタイル導入)による夏競馬移行、2000mへの短縮、ジャパンダートダービーの創設、東京王冠賞の廃止により再度二冠目への移設、ダービーウィーク(現ダービーシリーズ)、東京ダービートライアルの創設などで2000mのレースを経験した上でのダービー参戦など様々な変革を遂げてきた。

◎プロミストリープ
○ヤマノファイト
▲クロスケ
☆クリスタルシルバー
△4.9.14

東京プリンセス賞圧勝のグラヴィオーラが骨折で戦線離脱と戦前から波乱ムード漂う東京ダービー。
完敗も2着は死守したプロミストリープ、羽田盃で強い競馬を見せたヤマノファイトの2頭がやはり上位の存在か。上に取るなら前走はグラヴィオーラが走りすぎた感もあり、ナイター2走目で前進見込めそうなプロミストリープ。中央では絶好調のシルクレーシングが地方でも台頭するか。更に200m延長され差し馬有利になる2000m戦だが、雨で馬場が軽くなりそうなのはこの馬にはプラスか。

相手はやはり羽田盃馬のヤマノファイト。JRA馬を相手にした北海道2歳優駿以外では安定した競馬で地方全体の3歳馬でも現時点では秀でている。今年は川崎勢不在。やはりホッカイドウを早めに使ってきた馬が強いこのレース。

3番手にはクロスケ。2000mへの延長は好材料となってきそう。前がやり合えば一発の期待あり。

最後に東京ダービー、やはり的場文男は買っておきたい。一時は除外の可能性もありあわや「的場文男不在の東京ダービー」になりそうだったが最終的に騎乗できたあたり、運を持っている。これを悲願に変えてほしい。

オラワクワクすっぞ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466101000.html

ヤクルト交流戦6連勝、交流戦は直接対戦成績上位優先ルールにより交流戦首位浮上、摂津ノックアウトとかマジか・・・
喜びを通り越して戸惑いを感じる6連勝。
明日はどうも中止っぽいが、こうなればSBさんに勝ち越してオリックス戦に望みたいものですな。

デッドボールを受けた坂口・青木が無事であってほしい・・・。

山賊西武も海賊横浜に快勝。それまでにどちらかあるいは両方が冷える事も十分考えられるが、西武とヤクルトの打ち合い、今の打線を維持したまま見てみたい気がします。それを現地で見られるのはホント、ワクワクする反面両チームとも贔屓なので複雑でもあり。

今週来週をきっちり乗り切れば

昨年一昨年と苦手、特に昨年は96敗の原因とも言える大型連敗をこの交流戦内でやっていたが今年は交流戦前半1/3を5勝1敗、パ・リーグの下位相手とはいえ油断できないロッテ、楽天相手でここまでできた上、4月~5月は接戦で落とすことが多かったゲームを逆に1点差勝利が増えてきたというのは大きなポジ、と言えるのでしょうか。

5連勝自体が2016年8月以来だそうで・・・あの時は「CSワンチャンある!」と言う時だったなぁ・・・(結局横浜にCSを持っていかれ最後は阪神に競り負け5位だったが)

ただし今週は更に厳しい戦い。交流戦勝ちっ放しのソフトバンクを神宮球場とはいえ戦い、週末はこれまた神宮だがここ2年未勝利のオリックス戦。オリックス戦は2年前相当ご迷惑をおかけしたゲームもあったので、きっちり戦いたいものだなぁ・・・。
昨日は連投続きの石山は流石に使えない中、中尾・近藤の奮闘が目立ったゲーム。ソフトバンク・オリックス相手でも当たって砕けろの精神で戦って欲しいなぁ。

なおその先は山賊西武、日本ハム、交流戦明け休養を挟んで読売(東京ドームかつ確実に菅野と当たる)とロード9連戦が待っているだけに、ソフトバンクにせめて1つは勝ちたい・・・・。
あ、13日メットライフドーム行きます。つば九郎先生が来場の上当日野村克也さんも来場(ライオンズ側のレジェンドOBゲスト企画らしい)、これは行くしか無いでしょう。

日曜の結果

恒例となった安田記念当日の現地。ルメールどこにもいねーよ・・・の4Rからスタート。

・ポジ
東京8Rを3連複1点で取れた
モズアスコットのGI制覇を生で見られた
最終レース2階級降級のサルサディオーネを狙い撃ちできた。左回り巧者で昨年ほど抜けたメンバーがいないレースでもあったので。
WIN5、惜しい。(阪神メインで流石に逃げ潰れるだろとサイモンラムセスを入れてない)
阪神8Rからライド4連勝達成
新馬戦なのに1分33秒台

山賊と燕両方勝利。(競馬関係ない)

・ネガ
ニシノアモーレは今更降級でも買いたくなかった・・・。ユウチェンジは無事だろうか(入線後下馬していたようなので)
安田記念、アエロリットの2ゲットキャラを忘れて連を取り逃がす。(単勝は取ってた)というか牝馬来ねぇだろ+戸崎で切ってた。
ラジオ日本での競馬中継で関西推奨馬に上がっていた阪神12Rタガノプレトリアを狙うも、アユツリオヤジからの3連複という下手くそな馬券。複勝だけというしょっぱい的中。
東京10R、それなら馬連で良かったのに3連複にこだわりすぎてユメノマイホーム襲来、撃沈。ただ山田敬士騎手は今回50kgとハンデに恵まれたとは言えまっすぐ追えていたしいい馬が回ってくれば夏競馬で面白いのかも。

ひとまず5週連続GI終了、来週は2場+特別登録も少ないレースが多いので相当まったりになるんでしょうかね・・・。エプソムCはダイワキャグニーに期待。

安田記念

◎サトノアレス
○キャンベルジュニア
▲ヒーズインラブ
☆ウエスタンエクスプレス
△1.11.5.10

強い4歳世代、と言われるだけに4歳世代から買うのがセオリーかもしれないが、近年の安田記念は「2000mよりも短い距離を経験してきた馬」が強い。今年は高速馬場が継続しており芝2000mの1000万下でついに1分58秒を切る状況。人気のスワーヴリチャードはスピード負けが心配で左回りは走る馬、としても下げたい。しかし2歳~3歳時に1800mは走っているので上がり勝負になるなら。

牝馬の台頭も安田記念GI格付け後約30年間すべてを洗っても「混合GIで通用している、あるいは先に通用する」レベルの馬でなければ台頭は難しい。今回は穴人気しているだけにリスグラシューやアエロリットもそれなら来たらごめんなさい、としたい。先行力の高さはある2頭だが安田記念レベルになると逃げ切りは難しく、近年の安田記念ではロゴタイプくらいである。

それなら思い切ってバレンティンの気持ちになるですよ、でホームラン狙い。サトノアレスは比較的上位人気も東京に限れば安定。勝利こそ巴賞から遠ざかっているが東京の7~8F戦は安定。1分31秒台への対応も十分可能である。来週のエプソムCに出るであろうダイワキャグニーにもいいニュースになってほしい。

近況好相性のダービー卿CT組2頭を2.3番手に持っていき手広く。3連複の多点数でも良いかも。
海外馬はとにかく初動が大事。過去の安田記念で台頭した外国馬全てに言える。リピーターでは結果を出した馬はごくわずか。この人気なら積極的に狙っていっていい。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE