RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

おでんたいやき。

まったく季節感がないタイトル。

4/15 横浜スタジアム DB2-7Ys○
先発小川泰弘の好投、ベイスターズ先発石田の崩れもあり序盤にリードを築き勝利。こういう試合ができれば良いのお手本。
最後の原樹理1失点はご愛嬌も、接戦での抑えには使いづらいですね・・・ユーティリティに育てたいのか先発回帰させたいのか、しっかり考えてほしい。

4/16 横浜スタジアム DB6-3Ys●
先発オーレンドルフの自滅が招いた敗戦。土曜日の逆をやられてしまいましたね・・・。クラインにジエンゴ(前日は小川がジエンゴ)されては。打線もバレンティンが気を吐くが安打貢献が外に雄平、中村だけでは無理。よく3点取れたもの。

ひとまずハマスタロードは1つ勝てたのでOKとしましょう。
九州シリーズ、低調気味とはいえ週中は巨人、そして週末は天敵広島との対決。ここを踏ん張れば見えてくるものもあると思うし、週末には坂口選手も帰ってくるでしょうから、どう打線を組み直すか。
火曜日は熊本地震以来のプロ野球開催となり、地元山中投手にも期待をかけたいものです。菅野をどう打ち崩せるか・・・。

消化不良の1勝1敗

4/13(木)神宮球場 ○Ys3-2D
公式戦は今年初の現地観戦。火曜日(中止になったけど)は内野SS席1塁側という場所を確保したのもあって、マイポリシー上「月に1回内野、1回外野←これが崩れた」からこの日は外野自由席。バリュー試合ということもあり1000円とお値打ち価格。それでもこのカードでもあるし、お客さんは中日サイドを主に少なめ(ライドスタンドは割と入っていたけどそれでも快適レベル)

17時20分くらいに神宮球場へ到着、だいたいいつも見ている1番ゲート付近の下段、車椅子専用席の後ろ側を確保。最初は通路側だったけど途中からさほどお客さんも来ないと思って少し真ん中側へ移動。主に応援勢が入る場所ではないので終始人は少ないままでした。

この日の写真はこちらで


ノルマの瓶ビール(量は少ないけど450円と安い)のカップが昨年の神宮球場90周年カップ。まだこれあったんかい。
試合は投手戦ムードで割とサクサクペース、6回裏畠山ソロ、先発ブキャナンが8回力投など昨年までのヤクルトとは思えない野球。いろんな意味で。9回裏の鵜久森サヨナラはアツかった。

2回裏の守備乱れから余計な1点献上だけが残念だが、川端・坂口がいない現状、打順も大きく変えてきてできる事はやれたかな。
月末余裕があれば28日の巨人戦見に行きたいな・・・

4/14(金) 横浜スタジアム DB4x-3Ys●
またロード続きの一週間が始まった。今回は5連戦、しかも対巨人は九州シリーズで苦手としている東京ドームではないのは良いが・・・
初物攻略に手間取り横浜とシーソーゲームもヤクルトになかなか「火ヤク庫」らしい試合が見られない。追いつくも突き放され、回跨ぎルーキは不運もあるがボークからのサヨナラ犠打で万事休す。ボーク判定は相当微妙な感じではありますが審判ジャッジを覆す要素がボークではない以上・・・・防御率点や球数嵩んだとは言え石川は3連続QS達成と内容は悪くないが、どうも詰めが甘い。

防御率1位も打率6位とこれヤクルトなのか?という消化不調気味の現状。打つけど燃えるのも困りモノですけどね。

ブォンブォン・・・・

記者激怒のため、記事は割愛。

(シムシティ2000から)



雨天中止挟んで6連敗はさすがにねーよ。4安打じゃそりゃ勝てない。星は悪くない。



今日こそは。雨のためSS席観戦がぶっ飛んでしまい、今日は仕事で最低17時まではかかるので外野自由席で気楽にとやったのが裏目った。月後半が日程合わず28日の巨人戦に行ければくらいなので、今月は今日だけの可能性も。

クールダウン

4/4 敵地ばかりの一週間一戦目を T1-3○Ysで勝利も、後味は良くない一戦に。

5回表、タイガース藤浪投手が投げた危険球寸前の球から乱闘発展、これは両軍気持ちはわかるが後に遺恨を残す事にならなければ良いが・・・
スワローズファンとしては昨年谷内が同じ藤浪の球で長期離脱を余儀なくされた、という気持ちもあるが、タイガースの関係者、ファンも言い分はあるはずだ。
後々ファン同士で対立にならないよう冷静な議論を脱した「罵り合い」は控えたいもの。

個人的には「頭に当たってない」とはいえヘルメットをかすめた事を鑑み危険球退場とした方がすっきりしたのではないかというもやもや感が残った試合。
溜飲を下げる点としてはブキャナン投手がこれ以上ないピッチング、上記での乱闘の際もバレンティンを諌め勝利に導いた点。
ギルメット、オーレンドルフと制球難続きだったが前評判通り、いやそれ以上。中継ぎを休ませる事ができたのは大きそう。

明日はタイガース戦得意の山中、カード勝ち越しを決めたい所だが相手も成長著しい秋山が相手、当たっている糸井もいることから容易ではないだろう。応燕じゃー!
今週は西日本ロード続き、週末は昨年のセ・リーグ覇者広島が相手。なんとか一矢報いたい。

開幕カード勝ち越し

3/31 Ys○9-2DB 4/1YS●1-6DB 4/2YS○8x-4DB

開幕カード勝ち越し、祝?約520日ぶりの貯金での月曜日迎え。
3/31 神宮カツオ、開幕戦を制す。
今年は小川ではなく石川で迎えたプロ野球開幕戦。オープン戦から好調の石川、7回の投球練習前のアクシデント交替はあったものの6回2失点は十分な内容。後続がピシャリと抑えてくれた事、ベイスターズの継投を潰した事が大きかった勝利。
ホームランこそなかったが先発全員安打・15安打9得点。ヤクルトらしい勝ち方で開幕戦を制し昨年1回もなかった「貯金1」を獲得。

4/1 打線沈黙もハタケのHRで気を吐く。しかしオープン戦好調ギルメット乱調・・・
小川は前半球数かさんでの5回まで。もう1イニング投げさせてもと思ったが。
結果的にギルメットの大乱調での敗戦にはなったが4回裏、ベイスターズの先発クラインの制球が乱れた時に点を入れていれば流れは変わっていたはず。畠山がオープン戦後半から調子を取り戻してきていることは大きいものの・・・・
流れがヤクルトに向くことなく負けてしまった。

敗戦処理での登板だったがルーキー星和弥、平井諒、2年目原樹理の若手が1イニングをきっちり仕事した事は評価。
星はオープン戦ではかなり制球に苦しんでいた印象だったがこれならば次は勝ち継投で見たい。

4/2 オーレンドルフ乱調あれど、延長の(●゚◇゚●)は強い!鵜久森はチーム35年ぶり、セ・リーグではG長野以来6年ぶりの代打グラスラ!
先発はオーレンドルフ。オープン戦でも見せた制球難が出てしまいパスボール、ワイルドピッチでベイスターズに流れを持っていかれかけたが山田哲人のバックスクリーン2ランなど今日は流れをベイスターズには渡さぬまま延長戦へ。
ベイスターズの継投崩れがあったとはいえ鵜久森のグランドスラムで劇的な結末。カード勝ち越しで西日本ロード2カードへ。

オーレンドルフはまだ神宮のマウンドに慣れていないのもあるがバウンド球が暴投となってしまったのはいただけない。早めの修正が欲しい。後続はルーキも制球にやや苦しんだがなんとか後続を断ち切り好調石山、秋吉まで0で行けたので言う事はない。
今年のスワローズはバーネットがいた2015年程とまでと言うには早計だが中継ぎ抑えは割としっかりしており、オープン戦からまとまっているチームという個人的評価をさらに強くできた試合。
パリーグ戦力外・自由契約勢力がきっちり育ってきている事は嬉しい。ヤクルトらしい育て方で勝ったゲーム。

火曜日からは京セラドーム→マツダスタジアムとロード続きの1週間。勝ち越すのは容易ではないカードが続く。
3タテだけはされないように、1つでも勝ちに貪欲に。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE