RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールダウン

4/4 敵地ばかりの一週間一戦目を T1-3○Ysで勝利も、後味は良くない一戦に。

5回表、タイガース藤浪投手が投げた危険球寸前の球から乱闘発展、これは両軍気持ちはわかるが後に遺恨を残す事にならなければ良いが・・・
スワローズファンとしては昨年谷内が同じ藤浪の球で長期離脱を余儀なくされた、という気持ちもあるが、タイガースの関係者、ファンも言い分はあるはずだ。
後々ファン同士で対立にならないよう冷静な議論を脱した「罵り合い」は控えたいもの。

個人的には「頭に当たってない」とはいえヘルメットをかすめた事を鑑み危険球退場とした方がすっきりしたのではないかというもやもや感が残った試合。
溜飲を下げる点としてはブキャナン投手がこれ以上ないピッチング、上記での乱闘の際もバレンティンを諌め勝利に導いた点。
ギルメット、オーレンドルフと制球難続きだったが前評判通り、いやそれ以上。中継ぎを休ませる事ができたのは大きそう。

明日はタイガース戦得意の山中、カード勝ち越しを決めたい所だが相手も成長著しい秋山が相手、当たっている糸井もいることから容易ではないだろう。応燕じゃー!
今週は西日本ロード続き、週末は昨年のセ・リーグ覇者広島が相手。なんとか一矢報いたい。

開幕カード勝ち越し

3/31 Ys○9-2DB 4/1YS●1-6DB 4/2YS○8x-4DB

開幕カード勝ち越し、祝?約520日ぶりの貯金での月曜日迎え。
3/31 神宮カツオ、開幕戦を制す。
今年は小川ではなく石川で迎えたプロ野球開幕戦。オープン戦から好調の石川、7回の投球練習前のアクシデント交替はあったものの6回2失点は十分な内容。後続がピシャリと抑えてくれた事、ベイスターズの継投を潰した事が大きかった勝利。
ホームランこそなかったが先発全員安打・15安打9得点。ヤクルトらしい勝ち方で開幕戦を制し昨年1回もなかった「貯金1」を獲得。

4/1 打線沈黙もハタケのHRで気を吐く。しかしオープン戦好調ギルメット乱調・・・
小川は前半球数かさんでの5回まで。もう1イニング投げさせてもと思ったが。
結果的にギルメットの大乱調での敗戦にはなったが4回裏、ベイスターズの先発クラインの制球が乱れた時に点を入れていれば流れは変わっていたはず。畠山がオープン戦後半から調子を取り戻してきていることは大きいものの・・・・
流れがヤクルトに向くことなく負けてしまった。

敗戦処理での登板だったがルーキー星和弥、平井諒、2年目原樹理の若手が1イニングをきっちり仕事した事は評価。
星はオープン戦ではかなり制球に苦しんでいた印象だったがこれならば次は勝ち継投で見たい。

4/2 オーレンドルフ乱調あれど、延長の(●゚◇゚●)は強い!鵜久森はチーム35年ぶり、セ・リーグではG長野以来6年ぶりの代打グラスラ!
先発はオーレンドルフ。オープン戦でも見せた制球難が出てしまいパスボール、ワイルドピッチでベイスターズに流れを持っていかれかけたが山田哲人のバックスクリーン2ランなど今日は流れをベイスターズには渡さぬまま延長戦へ。
ベイスターズの継投崩れがあったとはいえ鵜久森のグランドスラムで劇的な結末。カード勝ち越しで西日本ロード2カードへ。

オーレンドルフはまだ神宮のマウンドに慣れていないのもあるがバウンド球が暴投となってしまったのはいただけない。早めの修正が欲しい。後続はルーキも制球にやや苦しんだがなんとか後続を断ち切り好調石山、秋吉まで0で行けたので言う事はない。
今年のスワローズはバーネットがいた2015年程とまでと言うには早計だが中継ぎ抑えは割としっかりしており、オープン戦からまとまっているチームという個人的評価をさらに強くできた試合。
パリーグ戦力外・自由契約勢力がきっちり育ってきている事は嬉しい。ヤクルトらしい育て方で勝ったゲーム。

火曜日からは京セラドーム→マツダスタジアムとロード続きの1週間。勝ち越すのは容易ではないカードが続く。
3タテだけはされないように、1つでも勝ちに貪欲に。

今年初の神宮

元から有給通っていた事もあって、昨日は今年初の野球観戦。神宮へ行ってきました。
オリックスとの神宮での試合は今年はこの1試合限り(交流戦は京セラドームなので)。
オープン戦はスワローズクルー(公式ファンクラブ)会員特典で毎試合無料観戦できるため招待券をもらってからまずはバックネット裏の方へ。

試合は3-0でヤクルトの勝ち。オープン戦なので勝ち負けよりは内容が求められる一戦という事では改善点も見受けられる中、無失点で終われたことは何よりでしたな。
石川投手が7回0失点も前半は奪三振多かったのは再来週の開幕が楽しみ。

鵜久森、畠山あたりがまだ本来の調子ではないかなという気もあり、既に川端が故障から開幕は無理と今年も「ああ、ヤクルトだorz」の野球が始まってはいますが小気味よくまとまっているイメージがオープン戦から感じ取れるので、今年は結構行けるかな?と。
今週は土日仕事と変則的なスケジュールですが、月曜日は戸田行こうかな。競艇ではなくて。

試合後はちょっとGate.Jへ寄ってみようかと行ってみたらばんえい記念の予想イベント開催。ようつべライブの放送都合上か写真撮影不可のため写真はありませんが、Gate.Jでは久々に抽選会で当たった気がする。桑島元騎手絡みの賞品が当たった時以来か?ここ数年イベント開催日と折り合いつかず、昨年春の異動でなかなかGate.Jに週末行きづらくなっていますが・・・

来週のスタジオGate.J収録は藤田菜七子騎手・根本康広調教師出演ということで調整ルーム入りの都合か普段は午後6時スタートのところ午後2時スタート。それでも人多く来そうですなぁ・・・学生さんはもう年度末でしょうし。さすがにこの時間では仕事で行けません(´・ω・`)

故障組の復調、だがしかし

WBC日本代表お休みなので、ヤクルトのここ数日のオープン戦より。

火曜日は村中の炎上。昨年の成瀬みたいにならなきゃいいが、彼がある程度先発で引っ張っていかないと駒不足の可能性も。調整不足感ありありの内容だったのがどうか。

水曜日は山中が今年も大丈夫そうな中身を見せるも抑え不調(木曜日も平井諒がちとなーだったけど)で引き分け。WBC出場中である秋吉不在の現状故抑えはうーん。WBC組が戻ってきてからもう一度って感も。

その秋吉は小久保の謎采配も(スワローズファンならわかってろうが)叩き良化型だから(震え声)

原樹理、昨年はシーズンを棒に振った畠山の復調は個人的にはかなり嬉しい。しかし元西武、今年から楽天の岸が炎上というのは複雑だが・・・
来週からようやく神宮でのオープン戦も開始して、WBCも一次予選1位通過確定という「野球の花」が咲いてきた時期ですねぇ。

今年も「ああヤクルトの野球だなあ」と思わされるシーンは多数見るのでしょうけど、ここ数年で耐性はついたが故障だけは見たくないものです。

WBCはダイジェストでサーッと見てほとんど自宅でスタポケにハマってしまっておりますw(欄外)

神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会

疲れた(げっそり)。
25日のプロ野球は6試合で19本のホームランが飛び出す「同時多発馬鹿試合」の一日。

神宮は恒例の「神宮花火大会(8月にやる日刊スポーツ協賛神宮外苑花火大会とは無関係)」。山田哲人がもうとまらない。打撃部門全部1位とかおかしい。今年50本あるんじゃないのか・・・
松岡健一が最後に燃えてなんだか「いつものヤクルト」らしい勝ち方になってしまいました。今日は杉浦VS吉見で厳しい戦いになりそうだが・・・。

ヤクルトはせっかく最下位脱出が見えている次が三次とマツダでの広島戦。今年ビジター勝率3割未満のヤクルトにとって交流戦明け最初の「試練」でしょうね。明日勝って広島入りしたいもの。

昨日菅野智之が爆発炎上したハマスタでも花火大会。村田修一選手が古巣での1000得点HRを決めるも、横浜がしぶとい野球で1点差を制す。今年の横浜は昨年以上に侮れない。

その間ほっともっとフィールド神戸でも花火大会。バファローズポンタ・・・(´・ω・`)
バファローズポンタ絡みでは真中監督が「スワローズポンタ」と呼ばれていたり(神宮ではバファローズポンタ以前にpontaドリームシート・ペアシートのスポンサーをやっている事もあって、”スワローズ仕様のポンタ”がいる)w

夜も胃が休まらない試合。西武-ロッテも馬鹿試合。2回のフィルダースチョイスがあって守備面で拙いプレイがかなり目立つも、打撃で最後は西武が勝利。昨日のリベンジ。

結局6試合で19本(うち神宮で約1/3)のホームラン。今日も神宮は花火大会になりそうだし・・・杉浦マジ頑張れ。

04/13 手も足も出ない

4/13 VS讀賣 5回戦 Ys(●゚◇゚●)0-8(☆..●)G
先発菅野の前に為す術なし、完敗。他セリーグの2試合が雨天中止だったため横浜に追いつかれ5位タイ。讀賣0.5G差ながら単独首位奪還。
なお現地にいた私、5回裏でほぼ諦めるもそれ以後はほぼやけくそ気味の応燕。ビールとコークハイ3杯(ペットカップ入りの焼酎を買ってコーラで割ったやつ)でブーストかかっていたのもあったけど。
以下少し脱線
ツバメ軍団(ヤクルトの私設応援団)旗振り役の人が6回裏に外野自由席の1塁側ギリギリの位置まで来て、この日15校くらいが来ていた修学旅行生と共に盛り上げる場面も。
修学旅行生の方々、結構(●゚◇゚●)応援グッズの傘やメガホンを買っていた人が多かったので少しでもちなヤクになってくれるとおじさんは嬉しいな。東日本大震災被災地であった陸前高田市など、東北から来た修学旅行生の方々が多かったですね。自分が神宮での定位置にしている外野自由席1塁寄り上段からバリケードを挟んでB指定席エリアに多数座っておりましたっけ。小雨が降る天気の中でしたが楽しんでいただけたかな?
帰りの新宿駅でも修学旅行生らしき集団を見つけて、まだ新年度が始まったばかりでも修学旅行で来る学校が多いんだなぁ、と。

少ない中のポジポイントを見つけるとすれば
・8回、9回は無得点ながらもなんとか攻め場はあった
・8回表雄平ファインプレー
・敗戦処理の村中、松岡は各々1失点とまずまず。主力中継ぎ・抑えをキープできたと考えれば「菅野神宮プロ初勝利おめでとう」で仕方がない試合かも。
・炎上したとはいえ館山の投球は決して悪く無い。四球連発で自滅したオープン戦のVS広島(3/15)、前回の阪神戦に比べれば良くなっていたが、今回は調子が悪い中の登板だったので仕方がなかったのかもしれない。次に戻ってくるならば暖かくなってきて腕の調子も良くなるだろうし、2軍で結果を出して再トライしてほしい。館山いなくては連覇なし、と考えているし。

しかしネガポイント
・いくらなんでも18被安打8失点はダメ過ぎる。
・打線の「発破」役坂口・川端いずれもノーヒットに終わる。(川端は村田修一ファンブルの間に1回出塁はあったが)打線も9回に奮起するが菅野劇場の前に為す術なし。
・今日も(●゚◇゚●)のピッチャー、もはや定期かと突っ込みたくなる飛翔(被本塁打)。クルーズのソロだったのがまだ幸いも、もう館山炎上の後では。これで16試合中15試合で被本塁打を許し、失点数82は「流石に失点を減らしましょう」と言わざるをえない。

個人的に「なんで館山上げたんだろう?」の疑問はありましたが今後を見据えてやむを得なかったのかも。これで2軍から新垣か山中が上がってくるでしょうから・・・。結局館山は即日戸田公園行きの切符授与となった模様・・・。
昨日は守備の乱れがあまりに多かった巨人守備が今日はほぼ完璧と言っていい守備。逆にヤクルト側で若干のミスがあったりしていたので、これだけ「手も足も出ない」試合でも1敗は1敗ですから、明日の小川に期待して地方シリーズ(松山)に臨んでほしいものです。

暗雲のスタート?

今年最初のスワローズネタです。
土日のオープン戦は昨年打線を賑わせた川端・山田不振、ピッチャーも炎上したピッチャーが少なくなく結果出ず。
とはいえまだオープン戦は始まったばかり。今年のスワローズは底上げタイプという印象もあり、好スタートを切ることも大事ですが「若い陣営で」1年2年先を見るチームであってほしいという願いもあります。昨シーズン優勝で連覇も期待されるでしょうが、まずはオープン戦終了までにチームを形にしてこないと、交流戦前後で昨年同様最下位付近を・・・・の可能性も十分あり得るわけで。

日曜日の試合で江本孟紀氏が指摘していましたが、ピッチャーを回すにも意味あるものである必要性もあるでしょうし、山田はまだ仕上がり途上だなぁという印象がありあり。雨上がりの浦添グラウンドに苦しめられた印象もなくはないですが、連敗は不安の立ち上がりとも言えなくないですかね。まだ「結果を求める時期」ではないですが。

前半戦に巨人や阪神といった昨年負け越しを許したチームとの対戦が多い今年のヤクルト、ロードが多いという難点もありますが・・・

今年はどんな結果になろうとも最後まで「応燕」していきたい。神宮での試合少ないけど・・・。
3月16日は休み取れそうなのでこの日のオープン戦、神宮へ行きたいですね。公式戦は4月頭の中日戦かな。3月末の阪神戦も行きたいけど、流石に年度末でムリですから。

そういえば今年からフジテレビCSでは西武戦も見られるようになって、パ・リーグは西武を応援しようかなと(元々半分西武ファンの人)。ヤクルトが関東以外へのロードの日にでも西武戦も1回行ければいいのですが。できれば大宮での試合日に。今年はちょいちょい西武ネタも扱うことになるかもしれない。そろそろこのブログが野球ネタで占められる時期になりつつあります。

チームのため・個人のため。この結論は尊重しなければならない

本日の昼間に「トニー・バーネット投手がポスティングにてメジャーリーグ再挑戦」とのニュースをサンスポ経由で知る。仕事から帰るとスワローズ公式にもリリースがあり、サンスポの報道通りである事を再確認。

今年で契約期間満了にもなるので他球団が欲しがる事は想定できていたが、バーネットがここまでチームのことを考えてポスティングで挑戦の選択肢を選んでくれたことをファンとして尊重し、感謝したい。
(まだポスティングで再渡米する事が確定したわけではないが)チームの戦力面を考えれば今年41セーブポイントがある「守護神」を失うのは非常に痛いし、日本シリーズで露呈したクローザー面を含めた投手陣営の見直しが急務となるが、そこを含めてファンとしては見守るのみ。誰を配するなどは頭にはあるが首脳陣の意思を尊重したい。

スワローズ残留の道もあるだろうけど、むしろ気持ち良くポスティングが成立しスワローズで磨いてきた力を発揮して欲しい。ただしそこまでの気持ちで再渡米する以上はメジャーでの活躍でなければ、と。

結果的に「鷹」が強すぎたのか、「燕」が弱かったのか

少し落ち着いてからになりましたが、ソフトバンクホークスさん2年連続の日本一おめでとうございます。

交流戦でセ・リーグ全体が大きく負け越し7月には「セ・リーグデフォルト(全チーム借金生活)」という事があり、当時の順位では首位のチームがパ・リーグに当てはめれば5位という惨状。この結果がそのまま日本シリーズの結果につながった感。

打線がつながり山田哲人の「日本シリーズ初」となった1日3HRを記録した第3戦こそなんとか意地で1つ返すも今の燕ではそこまでだったのかもしれない。第4戦、第5戦と今回弱点となった先発投手を攻められ第5戦は打線も沈黙。第4戦でソフトバンクの抑えサファテに32球を投げさせた事など、部分部分では良い試合もあったものの総論的に言ってしまえば「完敗」です。

それほどまでにソフトバンクが強かったのもありますが、石山を中継ぎに回したこともあって先発の駒不足から来る先発投手のローテーション短縮化、それぞれの先発が悪いところが出てしまった(特に第4戦の館山)事。ピッチャーは毎年毎年補強していながらも「火ヤク庫=点数は取るが取られる」というのがスワローズのここまでのゲーム。先行逃げ切りができなかった事も痛かった。

「エース」は必ずしも必要ないが「先発」の安定化が求められる2016年へ。今年のスワローズは本拠地神宮でソフトバンクの胴上げを許す「屈辱」で終わりましたが13、14年最下位のチームが混セがあったとはいえ中盤~後半に調子を上げて優勝争いへ加われ結果的に14年ぶりのペナントを取れたことを自信にして欲しいものです。

野球のシーズンはプレミア12や学生野球(六大学野球は終わりましたが。早稲田大学春秋連覇おめでとうございます)がまだ残っています。東都大学野球の入れ替え戦や明治神宮野球大会などで「闌」の季節。月末にはスワローズのファン感謝デーもありますし今年の野球シーズンもはっきり終わりが見えてきました。もう1~2回神宮にも行くことでしょう。

スワローズの選手・首脳陣に「お疲れ様」は言いますがそれでも鞭を打ちたい気分も少なからず。

おおい。

ヤクルト、髙山俊交渉権獲得かと思いきや、実は阪神でした(真中監督の確認ミス)というオチ。
お願いしますよー^^;; 過去にもこんなミスがあったようですし、別のマークを指名権獲得と間違えたようですが、外野手不足に喘いでいるヤクルトにとって欲しかった選手だけに、残念。

骨折が今後どちらへ向くかがわかりませんが、阪神には大事にしてもらいたい「六大学の至宝」ですからね。
結局ヤクルトの1位指名は投手。ここ数年投手を複数人取っておいてなかなか芽が出てこない現状がもどかしいですね・・・。今日もフェニックスリーグで馬鹿試合やっていたようですしw

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。