RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

WINS浦和(浦和競馬場JRA場外)初日まとめ

Twitterでレポート依頼がありましたので。

初日かつGI開催日ということで正月明けのGIII開催日に行った川崎場外とは比較できませんが、東京8R終了後頃の南浦和駅からの無料送迎バスの段階からなかなかの混雑。本場開催の重賞くらいは乗っていたのではないだろうか。場内に到着するも既に出走表すらない(浦和から公式のリリースはないが、川崎と同数なら1千部)。まぁ中央ならほぼ全員が競馬新聞なりスポーツ新聞なりパソコンなりスマートフォンなりで出走表は確保しているので、これはあまり問題ではない。

以下気になったことを箇条書き。
・競馬場敷地のすぐ外に住宅地があり騒音配慮のためか、場内では発売締め切り以外の案内放送及び実況中継は流れない。実況中継を見たい場合は実況モニター(中央・地方の相互拡大で新設されたウインズには現状JRAの自前ウインズや競馬場で流しているITV映像が行っていないようで、グリーンチャンネルの映像)の前か3号スタンド前にある大型映像装置の前まで行かなくてはならない。内馬場の映像装置でも一応中継は流れているが意味があまりないように思う。川崎もそうだがGC音声をミニFMで流してもらいたいものだ。平日は南関東4競馬チャンネルの音声流せばいいと思う。

・発売場所は事実上3号スタンド(自動)及び3号スタンド裏の第7投票所(自動)の2箇所と2号スタンド1Fの一部窓口(有人)。ただし南関東4競馬の開催と重複した場合、第7投票所は南関東場外に使用されるため注意が必要。浦和競馬の本場開催とJRAの場外発売の重複は2012年度スケジュールではない。

・地方競馬開催時は無料である自前の駐車場が有料(1000円)、特別観覧席(ウインズにおけるエクセルシートの扱い)の価格も地方競馬場外時の倍額(4F1000円、5F2000円)と決して安くはない。そもそも自動車の件は近隣道路が狭く、抜け出せる大きな道路もバックストレッチ側にある県道35号線(産業道路)のみで最終レースまで滞在した場合は確実に渋滞に巻き込まれる。地方競馬の最終レース後でさえ危険な状態になる事が少なくない。「中央開催で収益を獲得したい」「近隣環境への配慮」の落としどころがこういうところに来てしまうのは残念だ。中山競馬場同様電車でのアプローチ推奨。

・地方競馬開催時もそうだが、帰りは歩いて南浦和駅または浦和駅までアプローチした方が早いと思う。バスを待っていると平気で10分~20分ロスする。歩いても15分くらい。ただ呑み屋となると南浦和駅近辺と競馬場周辺にちょっとあるくらい。

・場内で購入できる新聞は専門紙(地方競馬・中央競馬共通発行の5紙)のみ。また翌日の地方競馬専門紙の購入はできない模様。地方競馬開催日であれば正門前に新聞売りのおばちゃんがいるはずだが確認できず。スポーツ新聞の人は南浦和駅のバス乗り場前にあるローソン100円ショップか事前購入を。

・食事に関しては売店の営業が本場開催並に営業しているようで問題ない。名物のアジフライやチキンカツも販売していたし、最終レース後の割引セールもやっていた。どうしても競馬場外で食事、という場合は事前に仕入れておくか県道35号線沿いにあるロードサイド店舗、あるいは南浦和駅前の飲食店を利用することとなる。県道35号線沿いにはマクドナルドや日高屋、グラッツェガーデン、讃岐うどん屋がある。コンビニもセブンイレブンが競馬場近辺に2店舗あるが、10分弱かかる。

・場内の座席は3号スタンドの1~3Fのベンチがあるのでそれなりに数があるが、3号スタンド自体築20年を経過しているため1~2Fの屋外シートがあまりきれいではない。鳥の糞により汚れているベンチも結構ある。気になる人はお尻に敷くものを持っていったほうがいい。2号スタンドの2階から上は閉鎖されており立ち入りできない。3号スタンド3階のベンチは屋内にあるため混雑するが、モニター前を回避すればそれなりに座れる場所はある。穴は4コーナー側(北門側)。

・発売窓口に応じて払い戻し窓口が少ないため(1フロアに6窓程度)、最終レース後は払い戻しに時間がかかる場合がある。発払兼用機を充実してほしい。また発売機では10円・50円玉の利用ができないので注意が必要。発払兼用機では10円玉の利用ができる。

・オッズプリンターがないため、特に3連複・3連単のオッズ取得は困難。場内モニターはほとんど2連勝式のオッズまでしか表示してくれないし、3連単用大型モニターは映りが悪くなっていたため撤去されており、3連複や3連単のオッズを調べたい場合は各自携帯電話やスマートフォンで確認した方がいいようだ。

・内馬場は公園になっており本場開催や調教試験開催日以外は利用できるため、ここへの立ち入りが可能。内馬場のモニターを見たい場合は内馬場に入ったほうが見やすいが、内馬場では馬券を売っていない上に音声も流れない。

総合的に考えるとどうしても「地方施設を流用した場外」である故の不備があるのは確か。川崎のように超大型モニターがあり新規にモニターを新設した感じで調整したわけではなく、「今あるものを使っている」ので。ただ埼玉県内初の場外であるし、武蔵野線圏内かつ府中と中山の中間にできた事で今まで東京競馬場や中山競馬場へ行かなくてはいけなかった人にとっては朗報だろう。ただ武蔵野線で府中本町駅まででも船橋法典駅まででも1時間はかからない。ライフスタイルなどにもよるが自分は毎週ここを使うとなるとちょっとどうかなぁという考え。後楽園があまりにも環境良すぎなのもあるんですけどね。そもそもGCに加入して以来現地へ行く事が明らかに減っている・・・
初日はなかなかの盛況であったようで、これが本場開催でもと言いたいところだが平日はみんな仕事でしょうからなかなかそうも行かないんですよね・・・少なくとも次の週末は東京マラソン見に行くから浦和は逆方向。その次は弥生賞だから・・・だし。

#余談だが、ホッカイドウ競馬の場外でも南関東4競馬・関連場外の一部で使われている新マークカードへ変更。今後は地方競馬共通マークカードへ移行しそうですが、ここでもJRAの馬券を売る動きがあるのかな。
関連記事

<< 02/22のツイートまとめ | ホーム | ピンナ来日、そして >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP