RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

フェブラリーS結果メモ書き

1着テスタマッタ。大外枠だが1番人気のトランセンドとは逆で控えて競馬ができるタイプであるし、岩田騎手が言っていた通りで折り合いがつけば爆発的な末脚を見せるタイプ。JDDも条件戦で強烈な末脚を活かして勝ってきた後で近年のJDDではメンバーがそろっていた中を勝っただけの事はあるし、前哨戦の中身良しでこの人気なら・・・

2着シルクフォーチュン。追い込み展開に恵まれたのはあるが府中のダートマイルGIで連続馬券圏内に入れたのは大きい。精神的に安定もしてきたか。地方馬場でも適性を示せばJpnI勝ちはもう射程圏内。

3着ワンダーアキュート。東京マイルは3歳時勝利こそしているが得意ではない舞台。最後3着争いを制したがこの馬もGIにはちょっと足りていない。きっかけ1つであるだけに現世代の世代交代が起これば楽しみなのだが。

最後に7着敗退トランセンド。芝スタートで行き脚つかず、終始追い通し。メンバーレベルの上下差大きかった南部杯はそれでも押し切ったが今回は外外を通らされる苦しい展開かつ、調子自体も良いとは言えないパドック。1番人気が馬券圏外に去ったフェブラリーSは久々だが、ダートのみのコースで調子さえ良ければ巻き返しは十分ある。今回はすべてが裏目に出てしまった。

ラップ自体は南部杯に似ていたが、稍重スタートで若干馬場が軽かった南部杯当日と比較すると重めの馬場状態でこのラップはハイペース。力がない馬から崩れていくダート路線ではなく展開面が大きく作用したフェブラリーSだった。

馬券は見事な縦目、3連複1軸抜け(´・ω・`)
関連記事

<< 02/19のツイートまとめ | ホーム | フェブラリーS >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP