RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

浦和でも中央の馬券発売開始

昨年からシステム改修が進み、大部分のモニタが液晶テレビになりHD映像の受信可(浦和自体はHD非対応だったと思う)になり、大井競馬場か近隣JRA場外で使わなくなった自動券売機のお下がり?と思われる投票窓口の増加もあり「そろそろJRAの馬券売るな」と昨年末に考えていたら年明けにはそういう話がTwitterでちらほら。

今日正式発表になりましたが、川崎に比べると施設面で少々問題があったり、車では行きにくい場所(産業道路=県道35号沿いだが、競馬場周辺の道が狭い)ではありますが電車では南浦和から浦和競馬自前の無料バスがありこれはJRA場外時も運行するとのことですし、歩いてでも行ける距離。
武蔵野線では中山と府中のほぼ中間に場外ができる形。

何よりも自宅から直線距離では最短距離になる(道のりだと浅草や後楽園と大差なく12kmくらい)のですが、日曜だけか。それでも使用頻度が上がりそう。その反面現地へ行く回数が更に減りそうで。

発売も本場発売に準拠し2号スタンド1F、3号スタンド1~5Fと平屋の7号投票場(ただし南関開催がかぶる日は7号投票場は地方競馬専用になる模様)をオープン、指定席は4.5Fをオープンと。川崎もそうですが、JRAのエクセルフロアに比べるとやや施設面の弱さがあるのでせめて電源設置とかやって欲しいなぁ・・・。無線LAN導入とまでは言わないけど、JRAとしては今後auのwifiスポットを入れていくので、こういう地方競馬場を利用した場外でも入れるのかなと。

昨年11月に馬券システムを変更した南関東主導場外で近隣にJRA場外がない場所では今後も「JRAの馬券を売る」場外が増えそう。オフトひたちなかとか。逆に「中央の馬券を売ったら自場が死ぬ」主催者だとそうも行かないでしょうし、「JRAだけ使う客」を地方開催日に・・・もやらないと地方はおろかJRAも、になるでしょうし。
関連記事

<< 01/24のツイートまとめ | ホーム | 川崎記念 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP