RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

ニューイヤーS・大和S予想

ニューイヤーと書くと「ニューイヤー駅伝」か浦和競馬の「ニューイヤーカップ(なのに今年は開催日程の都合上、2月開催だったりする)」が連想されますがw


<ニューイヤーS>
徹底先行タイプはトゥニーポートくらいだが阪神C同様に控える可能性が考えられる。平均~やや遅目で流れそうだが中山マイルの構造上前半はそれなりに速くなり前半4F45後半~46前半/後半4F47前半で1分33秒前半の決着か。馬場は明らかな中外伸び。
参考までにディープサウンドが勝った1中山1の12Rは前半ハイペースで京都金杯と同タイムの1分32秒9。これは前が57秒台で飛ばした分なのでここまで速くなるなら32秒台ありそうだが。

人気はヒットジャポットになりそうだが、中山は過去朝日杯8着、ディセンバーS4着などがあるものの朝日杯は2歳戦、ディセンバーSは昇級緒戦。鳴尾記念は冬開催1800m時代末期はハイレベルなレースが多く、レースとしての担保あり。昨年の同レースでも2着に入っており軸としては信頼できる。ただしアタマまでのイメージは感じられない。
逆転あるならインで競馬してスローペースで流れれば我慢できそうなコスモセンサー。昨年の1.2着がそのまま来そうだ。

この2頭に続くならまずは同じ中山のディセンバーS・・・だがレースとしてのレベルが決して高くなく、結果的にダイワファルコンが走らなさ過ぎたのが中山金杯で証明され、実績上位できっちり勝ったナカヤマナイトとそのダイワファルコン以外はさしたるレベルではなかった事を考えるとディセンバーS組は軽視したい。ガルボもこの外枠だと競馬ができるか疑問。これならドリームゼニスとホッカイカンティが穴。コロンバスサークルは典型的非根幹タイプかつ6歳牝馬でそろそろ繁殖入り前なので無理はしないだろう。ここは相手が一気に楽にはなったが押さえまで。

◎11=○1の馬連が大本線で11=穴7穴10、3連複2軸1=11=14から外以外の総流しで。

<大和S>
オープン好走組少なく難しい1戦。一応マルカベンチャー本命だが単複にとどめる。
状態さえ戻っていればアイアムアクトレスが巻き返していいと思うが。クリーンに1400は短すぎる・・・・ダッシュつかぬまま終わりそう。

小倉は昨年年末の開催からさほど時間がなく、Bコース開放後でも馬場状態はあまり良くないだろう。それを見極めたいので1週目の芝はケンに徹する。ダート1000m戦と2400mの平場は適所で買う。
関連記事

<< 01/13のツイートまとめ | ホーム | 01/12のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP