RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

船橋記念予想

天候が読めない(雨・雪の可能性がある)が馬場状態に大きな影響は出そうにないか。昨日と同じ差し馬有利の展開だが、オープンの1000mならば簡単に前も止まりそうにない。

◎4.ナイキマドリード
○5.ギオンゴールド
▲7.スパロービート
△3.11

年末のゴールドカップで8馬身差の大楽勝。得意の浦和できっちり結果を出したナイキマドリードは乗り替わりだが一応の本命。近況1200~1500シフトの馬がいきなり速力勝負の1000になる不安はあるが57kgで乗れるのは大きいし、東京盃6着JBCスプリント8着の実績ならこのメンバーなら十分やれても。あとは昨年も人気を背負って負けただけにそこだけ。「負けられない」という訳ではないものの。

51kgのギオンゴールドは時計の裏付け面で苦しい所あるが、軽斤量での一発に期待。究極の速力勝負になり58秒が求められると苦しそうだが佐賀時代からスピードは見せつけていた存在。

2年7ヶ月ぶりの実戦になるスパロービートは本来なら本命視だが長期休養明けの上乗り替わりが気がかり。この船橋1000mでは10戦8勝で3年前のこのレースはレコードで勝利したなど往時のスピード健在であれば楽勝してもおかしくないが、大敗でも不思議ではない。マックスの能力でぶつかればこのカテゴリではナイキマドリードより2枚3枚上であると思うので無視できないが半信半疑。

△勢も一発ありそうで、もつれた時のダイワシークレットの差し脚はアフター5スター賞で証明済み。ダイワディライトは3年前のカペラSでレコードの立役者になったほどの速力を持つ馬。であるし、1年前の千葉Sで中山得意ティアップワイルド相手に健闘。先手でないと勝負にならないが行き切るようなら侮れない。

4=印各馬と2.12の馬連・ワイド。
関連記事

<< Cデム来日 | ホーム | 01/10のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP