RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

中山金杯&京都金杯

中山金杯
◎ 5.アドマイヤコスモス
○ 6.コスモファントム
▲11.ダイワファルコン
△13.エクスペディション
△ 8.エーシンジーライン
△14.アクシオン

福島記念で重賞初勝利。中央再転入後4勝のうち2勝がローカル開催の新潟、もう1つは京都・阪神の関西圏。初の長距離輸送となる中山をこなすかがカギとなるが、母はステイヤーズS2着のアドマイヤラピス。舞台に不安はなさそうだ。ハンデの57kgも現状なら十分こなすし、一線級と戦うならこのハンデでも負けられない。人気の面でこれに次ぐのはコスモファントム、エクスペディション、フェデラリストだがフェデラリストはこの条件で1000万勝ち(習志野特別)があり一応体勢はあるものの昇級緒戦でいきなりがやや疑問。有馬記念の日あたりから若干重目の今の中山芝をこなせるかどうかに少々疑問符残り、無印。コスモファントムは昨年も好走しており冬場ならこのハンデでも。

ダイワファルコンはディセンバーSで圧倒的人気を背負うも案外の内容。これはハイペースの大本命という事で割り切る。ナカヤマナイトが「ハマった」レースだが「先週の結果分析」タイムランク上ではE評価。ハイペースの前崩れに巻き込まれたレースで、主導権さえ奪い平均ペースならこのメンバーで巻き返す。

エクスペデイションは中日新聞杯4着も終いそれなりに追いあげての中身。初重賞で揉まれての中身ならまずまずレースぶりの評価は置ける。叩いて上昇はありそうで無視はできそう。エーシンジーライン・アクシオンは展開紛れての2着粘りなら。

馬連で5=6.8.11.13.14の5点。JRA二連福の恩恵に預れるか。

京都金杯
◎10.サダムパテック
○13.ライブコンサート
▲15。シルポート
△4.5.9.12
このメンバーならサダムパテックが大威張りできる。クラシックでは皐月賞2着もダービー・菊花賞こそ大敗したがセントライト記念・鳴尾記念とGII・GIIIレベルであれば走れる馬であるし、本来は中距離馬だと思うがマイルも守備範囲(トラックマンTVで言われている程「マイラー」ではないと思うが)。3連複の軸で。

ライブコンサートは京都マイルなら着実に走ってくる馬。近況結果出ていないしハンデ面では決して楽ではないが、ここまでナメられているなら穴で一考。シルポートも秋はタメ逃げで失敗、超レコードの立役者、雨上がり、1400mで行かなかったと敗因しっかり。外枠は気になる材料だしトップハンデであるが、GIIIまで下がってきたなら無視できない。
△は押さえ要員。△の中ではマイネルラクリマに要注意。ショウリュウムーンは昨年ここで結果出ず京都牝馬Sで勝利。マイル最適は間違いないが混合では一枚割引。ダノンシャークは逆瀬川Sが超スローで上がりだけの競馬。ハンデは恵まれたがここは一気の相手強化が心配で無印。上がりだけの競馬になるレースは鬼だが、ここはシルポート他先行馬もいるだけにどこまで。

印上では無印としたが、ブリッツェンはマイルCSはレースにならずであるし、マイルCSを使った他馬と大きな差はなく、ここで軽視できない存在。

馬連10=印各馬13.15厚目と△勢、3連複10=印各馬+8。

明日の注目は
京都5R 3歳未勝利 芝・外1800m アドマイヤレイ
京都6R 3歳新馬 芝・内2000m エキストラランド
で。エキストラランドは兄を見るとマイルくらいがいいかなぁとも思いますが、このメンバーなら。
関連記事

タグ : 中山金杯 京都金杯

<< 2011年JRAPAT投票成績 | ホーム | 01/03のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP