RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の重賞本命候補

それぞれ、JRAホームページ上「今週の注目レース」のデータから引用。
新潟記念→http://jra.jp/keiba/thisweek/2011/0828_1/index.html

*新潟記念
・ハンデ軽すぎ、重すぎの馬は嫌いたい。50kg以下でもダメだし57以上は嫌いたい。57.5以上の連絡みもなし。
→セイクリッドバレーはマイナスポイント、ナリタクリスタル(57.5。ハンデ連対56kgまで)、プティプランセス(50)は消し
・前走サマー2000シリーズ出走馬を狙いたい。
→前走条件戦の1.2.8、関屋記念のセイクリッドバレーはマイナス。データにある「サマー2000S対象4着以上」はヤマニンキングリー、タッチミーノット。

セイクリッドバレーは前走5着敗退にも拘らずハンデ+1kg。この馬もハンデ連対最大は56kg。昨年の京成杯AHで56.5を背負って負けているのを考えるとこのハンデかつ臨戦過程なら切ってかかりたい。

左回りもまずまず走りハンデ据置きのヤマニンキングリー、イタリアンレッドの充実ぶりを考えると1kg加重は気になる材料もタッチミーノット、次点で条件上がり組エオリアンハープと中距離G3堅実サンライズベガ。

WIN5向けもヤマニンキングリー・タッチミーノットの2頭+エオリアンハープを挙げたい。

*キーンランドカップ
http://jra.jp/keiba/thisweek/2011/0828_2/index.html
・純粋に前走最低限入着必須。6着以下からの巻き返しはほぼない+芝重賞での上位実績(連対)が大きな有利条件。かつ重賞連対は1400m以上が欲しい。1200m以下のみでは弱いようだ。

・牝馬の人気馬が強い。

→単純に一騎打ちと見ていい。勝ちながらも斤量据置き54のカレンチャンVSここ3走よりは斤量軽い56kgは魅力ジョーカプチーノ。ただしジョーカプチーノは洋芝初挑戦(札幌経験あるがダートのみ)。雨馬場へのネックが残るジョーカプチーノよりは昨年のワンカラットのように勢い乗るカレンチャンが4連勝だ。WIN5向けはこの2頭を指名。
・函館スプリントSとの関連性は高い。
関連記事

<< 08/26のツイートまとめ | ホーム | 08/25のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。