RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

ジャパンダートダービー

兵庫ダービー馬オオエライジンがここに出てくれば面白かったが、JRA勢VSクラーベセクレタの戦いか。しかしここ数年あのアジュディミツオーですら東京ダービー馬はJDDを勝てていない。更に兵庫チャンピオンシップ経由馬も不振(昨年1番人気のバーディバーディも惨敗)。東京ダービー馬は2分5秒台を出してこないと厳しいと見ているが、クラーベセクレタのタイムは2分06秒5、羽田盃は派手な勝ち方だったが東京ダービーはかなり危ない勝ち方だった。それを考慮するとロジータ以来の南関東3歳牡馬クラシックの牝馬による完全制覇に期待もかかるが、普通に考えて3番手評価が妥当。

◎11.グレープブランデー
○ 9.ボレアス
▲ 6.クラーベセクレタ
△4.7.12.16

本命はグレープブランデー。このレース勝利馬のアイアムアクトレスが先週スパーキングレディーCで3着に負けたが、ユニコーンSは出遅れてのものだけにここは巻き返す。クラーベセクレタと考えても時計的に有利なのはこちらか。同3着ボレアスは鼻出血しながらの3着、いぶき賞(例年の端午S)組有利の組合せと見る。

クラーベセクレタの実力は認めるがどうにもこの距離はギリギリという印象もあるし、東京ダービーは決して良いデキではなく能力で勝ち切った印象。ここまで強い競馬をしてきた大井での3戦を考えるとあれ?という感触。どこまで立て直しているかパドックに注視することとし、この評価とする。

連下も手広く買い、東京スプリントのようにJRA勢が妙に評価が低めなら馬連で11から手広く。クラーベセクレタを元取りくらいとして、好配当狙いとしたい。応援のクラーベ単は買うけど。
関連記事

<< 07/12のツイートまとめ | ホーム | 07/11のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP