RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念予想

あいかわらず競馬番組やらないフジェ・・・・
まぁ、今週は競馬beatの日なのでいいんですが(最近はWIN5のためキャバクラバーもちゃんとレース中継をするようになった点は評価)

某所に提出した予想とは変えてます。あっちの予想とは若干ベクトルが違い、こちらは連系予想。
◎ 8.ブエナビスタ
○ 4.エイシンフラッシュ
▲ 3.ルーラーシップ
△ 2.9.14

人気の蓋を開けてみると意外にもルーラーシップがブエナビスタに並ぶ(一時凌駕していた時間帯もあった)人気。単勝だけの異常オッズではないようで、連系は印上位3頭の人気オッズ。
また明日の阪神競馬場周辺(兵庫県南部)では雨の可能性が当初より低くなり、良馬場での開催ができそう。

5歳牝馬で枯れてきた印象も少々あるが、連や3連系の軸なら◎ブエナビスタで大丈夫そう。確かに4歳世代との差はつまっており、このブエナビスタが抜けた1番人気を背負うなら連下まで落とす事も考えたが、(土)深夜時点では3倍台。これは昨年のヴィクトリアマイルからほぼ1~2倍台推移(ドバイでのブックメーカーオッズは除く)ブエナのオッズとしては「おいしい」部類になる。「連には絡むが勝ちきれない」という不安からのオッズではないかと思われるが・・・
本命とはいえ「1着」の予想よりは「軸」向きではあるが、この距離での巻き返しには期待できるし国内では取りこぼしも多い馬だがまだ複勝率100%をキープ。終わってみればブエナだった、の場面もありそうだ。

今年の天皇賞春は超スローからガマン比べ、最後はバテ合いだけに評価が難しいが、3歳クラシック~天皇賞前路線までに台頭しても天皇賞大敗組は宝塚でも復活し辛いデータがある。この宝塚記念は格・勢いの両者が求められGIで最低でも入着(昨年の優勝馬ナカヤマフェスタも終わってみれば超不良馬場の09東京優駿で見せ場ある4着)かつ、前走で馬券圏内にいる事が肝要。安田記念・金鯱賞からの経由なら連対が必須条件となるとほぼ絞る事ができるレース。
天皇賞上位人気組はそこまでにGIレベルでの好走があるか天皇賞で好走しているか。この双方がないトゥザグローリーは夏負けの兆候もあり、実際昨年も夏シーズンは1番人気を裏切っている事からここは難しいのではないか。
天皇賞2着があるダービー馬エイシンフラッシュは長距離でも実績あるが中距離でも。昨秋は体調不安や故障で一時不振を彷徨ったが皐月賞3着、ダービー1着、天皇賞2着の実績なら「ラッキーホース」は失礼だろう。

昨年のダービーの段階でまだ子供っぽさが残っていたルーラーシップだが4歳になり本格化気配・・・だがさすがにこの人気は少々引く。金鯱賞は確かに強い内容だが気性的な問題を残すだけに全幅の信頼は置けない。ならばまだブエナビスタの安定感を上に取りたい。中山・阪神といったところより京都に良績集中なのも気がかりな材料。現4歳世代上位の実力はあり、某所では本命にしていたがここまで人気ならかえって嫌いたくなる。福永からの乗り替わりで2着・・・・もありそう(このレース、東京優駿ほどではないがテン乗りは不利)。

連下では日経賞では世代上位の成長力を見せたが、馬体の構造上持たなかった天皇賞かつ夏負けで状態不安のトゥザグローリーも本来の素質だけなら上でこの位置、現状GII級では完勝あるもGIでは3着精一杯のアーネストリーは良馬場での巻き返し注意も連下までか、そしてテン乗りかつ天皇賞大敗、ここ数戦のレースぶりや今回も58kgを背負う事で馬体の小ささがネックとなり不安点が大きいが、爆発力は上位のローズキングダム、研究家ウィリアムズならの可能性は。

3連複3=4=8が大本線、8=34=2.9.14を押さえにし元取り押さえで8=2=9.14を。

3=4=8に1800円、8=34=2.9.14の6点に各500円、8=2=9.14の2点に200円、合計5,000円。
関連記事

<< 06/25のツイートまとめ | ホーム | 06/25のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。