RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想文章向上計画:アンタレスS

◎13.ゴルトブリッツ
○11.バーディバーディ
▲02.ワンダーアキュート
△14.ダイシンオレンジ
△06.ピイラニハイウェイ

明日の京都ダートは今日の降雨で不良馬場スタートがメイン頃には重まで回復するものと予測。こうなると前にいないと勝負にならない。2年前、ウォータクティクスがレコードを飾ったようなレースになると見て、時計のない馬や後ろからの馬は切っていいだろう。
同じようにスマートファルコンがハイラップで逃げ、ダート2000mでの驚異的なレコードを達成した東京大賞典組を素直に上位に取る。東京大賞典3着のバーディバーディが本来なら本命だが、ここはゴルトブリッツの勢いを重視。芝では実生理未勝利戦を脱出できず「再ファンド」狙いで門別へ転出以後件の東京大賞典以外ではすべて1着。この1着はすべて条件戦ではあるものの、500万勝ち上がり直後いきなりのJpnI出走で外を回しての8着。2秒4差ではあるがこの時点で能力の片鱗は感じている。ここから1000万・1600万は順当勝ち。前走の小倉では不良馬場で1分42秒0のタイムがあり、ここでも1分48秒台で走れる力はあるはず。これならばバーディバーディを逆転する事も可能か。
対抗は一時期スランプがあったがジャパンカップダート・東京大賞典・フェブラリーSとダート主要レースで好走を続けたバーディバーディの地力上位信頼。元々兵庫チャンピオンシップからジャパンダートダービーへはつながらないレースでここでの惨敗でしばらく尾を引いたものの、ここ3走勝ちきれないまでも中身の良いレースを継続。コーナー4回競馬向きで、帝王賞での逆襲へ向けてはこのメンバーで負けていられないところ。あとはJpnII勝ちで58kgを背負うのがカギになる。
こうなると重賞未勝利ながら関西圏では安定しているワンダーアキュートも十分圏内。元々遠征があまり良くない馬で名古屋大賞典はエスポワールシチーが流石の競馬でこれは健闘の2着。マーチS5着タガノジンガロに仁川Sで楽勝しているし、この馬もあなどれないところだ。これに京都巧者ダイシンオレンジと近況復調気配ピイラニハイウェイを3着押さえ。

馬券は2.11.13の馬連ボックスを大本線に、3連単2.11.13→2.11.13→2.6.11.13.14。

馬連と3連単的中。結果的に上位馬決着でした。
しかし誤字とワンダーアキュートの3歳時GIII2勝(シリウスS・武蔵野S)を思い切りDisっていたので、半減かな。
アンタレスSはほぼ予定通りの的中でしたが、皐月賞と魚沼Sが当たらずでは。
関連記事

タグ : 競馬 アンタレスステークス

<< 予想文章向上計画:ツインメイト特別(浦和) | ホーム | WIN5 4/24分予想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。