RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

2010年度私的JRA賞投票

毎年恒例。今年は紛糾しそうでもあるが。

最優秀2歳牡馬 グランプリボス
GI朝日杯FS、GII京王杯2歳Sの実績ならば文句なし・・・なのだが、朝日杯ではアドマイヤサガスに大きな進路影響を与える競走。それを問題にして「該当馬なし」「リアルインパクト」「ダノンバラード」「サダムパテック」あたりにも票が流れる可能性あり。

最優秀2歳牝馬 レーヴディソール
GI阪神JF、GIIデイリー杯2歳S勝利。特に後者はシーキングザパール以来の牝馬優勝。満票での受賞ではないだろうか。

最優秀3歳牡馬 ヴィクトワールピサ
今回票が割れそうな部門。
・ヴィクトワールピサ(GI有馬記念、GI皐月賞、GIダービー・ジャパンC3着、GII弥生賞、海外2戦経験)
・ローズキングダム(GIジャパンC、GIダービー・菊花賞2着、GII神戸新聞杯)
・エイシンフラッシュ(GIダービー、GIII京成杯)
・ビッグウィーク(GI菊花賞)
・ダノンシャンティ(GINHKマイルC、GIII毎日杯、NHKマイルCは日本レコード)

おそらくはヴィクトワールピサとローズキングダムの一騎打ちであるが、ローズキングダムはジャパンCは繰り上がりでのものを考えても同一世代で安定した実力を発揮した事は事実。父キングカメハメハのリーディングサイアーの一助ともなっている。しかし皐月賞で完勝、ダービーでも3着と健闘し3歳馬として初めて凱旋門賞に挑戦、帰国後も僅差3着、有馬記念はスローの恩恵あったとはいえブエナビスタを斥けた実績を評価する。


最優秀3歳牝馬 アパパネ

エリザベス女王杯はとりこぼしたものの牝馬3冠達成の快挙、関東馬ではあるものの「栗東留学」で大きな成果を挙げた事も。オークスの同着優勝がないと混沌とした可能性はあるが・・・そういう意味では満票での受賞は微妙。


最優秀4歳上牡馬 ナカヤマフェスタ

秋は3歳馬や牝馬のブエナビスタに独占を許した古馬長距離路線。短距離路線は論に値しないレベルであり宝塚記念でブエナビスタに勝利、海外遠征の2戦とも惜しい2着と結果を残した実績を評価。

最優秀4歳上牝馬 ブエナビスタ
古牝馬の春総決算ヴィクトリアマイルを勝ち、秋は天皇賞(秋)勝利、ジャパンCは降着ではあったが1位入線、有馬記念でも2cm差。ブエナ以外の馬がエリザベス女王杯で後の香港カップ馬スノーフェアリーに歯が立たなかった事を考えると牝馬部門では文句なしの満票受賞だろう。

最優秀短距離馬 キンシャサノキセキ
GI高松宮記念優勝、スプリンターズSは繰り上がりで2着、年末の特GII阪神カップ連覇の実績が大きい。今年はレベルが低かった短距離路線を年間を通して牽引してきた実績を評価する。マイル路線では今年は過渡世代。来年に向けて楽しみな馬はいるものの。


最優秀ダートホース エスポワールシチー

JRAではGIフェブラリーS優勝のみ(NARを入れるとJpnIかしわ記念も勝っている)であるが、海外遠征で果敢な挑戦をした事を評価。ただしスマートファルコンが東京大賞典を圧勝するようだと一躍逆転候補。GIジャパンCダート・GIIIみやこS勝利のトランセンドは暫定チャンピオンの色が強く、来年のレースを見て。短距離ダートで圧倒したサマーウインドはNARグランプリならともかく・・・

最優秀障害馬 該当馬なし

どうしても中山でのJ・GI2戦での実績を重視してしまうがメルシーモンサン、バシケーン共にそれ以外のレースでの実績が今一つ。GII以下ならばランヘランバ・障害重賞記録更新のコウエイトライがいるもののコウエイトライが実績を挙げたレースがJ・GIII(新潟ジャンプS、阪神ジャンプS)止まりでは。

年度代表馬 ブエナビスタ

ジャパンカップの降着を挙げ「クリーンなレースをしていない(秋華賞に続いて2回目)」という理由で投票に値しないという記者もいると思う。しかし海外でGI2着、年間GI2勝(ジャパンC入れると3勝)、年間を通じて一度も連を外さない安定感は年度代表馬受賞に値するもの。

特別賞 レッドディザイア
今年はGIでの実績は残念ながらなかったものの年間を通しての海外遠征でアル・マクトゥームチャレンジIII(GII)では人工馬場のグレードレースで日本馬が初勝利という快挙を忘れてはならない。またブリーダーズカップフィリーアンドメアターフ路線で上位に入賞した実績も理由だ。GI実績がなく何ももらえない可能性大ではあるが個人的には日本では行われていないAW(タペタ)での競馬に順応した事は特別賞受賞に値するものと考える。
関連記事

<< 明けました。 | ホーム | レーシングプログラム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP