RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

7/25の大井

2開催連続日曜日行っていますしつーことで。天気が心配ですが。

7R サラC2四・五組 1500m内
幾分他力本願型だが、逃げ馬がはっきりしているこのメンバーなら選抜戦の1600mで上位実績のある6)シンゼンアローの末脚勝負。逃げるであろう減量起用1)ジルアルメイダもこの距離なら中央区特別の0.6差を逆転できる。
的場文騎乗の5)ヒノマルクンはこの距離なら堅実。末脚でも上位と差がなく◎不発ならこちらか。

馬連 1=6本線、 6=2.3.5.11

8R ゆうがお特別 3歳選抜 1600m内
大井遠征で2度結果を出している船橋勢11)サウンドボーイにとってここは相手が楽になった。1600mでの持ち時計でも上位級。前走のJRA交流1800m戦2着の内容を信頼。前開催で急激に時計がかかった地元川崎戦こそ5着と連はずすも今の大井連続開催なら馬場傾向の大幅な変化は見込めず、大雨でもない限り10)ケンシロウが順当に浮上。横川乗り替わりの4)が穴。

馬連 11=10本線、11=4、7.9.12

9R アンタレス賞 B3三組 1800m外
前開催の日曜日メイン東京サマーランド賞より組が下のメンバーだけにここはC1からの格上げ組に期待。2開催前のC1選抜戦足立ビューティフルウィンドウズ賞を好タイムで勝ち上がった船橋の11)パワーホークスターは明らかに大井1800m向き。船橋の1600mでは距離不足であるしこの組なら53秒台不要。ここも順当に勝ち上がる。

3歳馬テンダンが対抗。前開催の東京サマーランド賞で若竹賞勝馬ツルオカオウジが勝ち上がっており、若竹賞惨敗が距離でなければ巻き返す。ここで惨敗ならば大井マイル向きだろう。このテンダンに東京ダービートライアルで先着しているミヤビジンダイコも相手が楽になったここで一気に勝ち上がってもおかしくない。ケイアンシンドウのハイペースになれば東京サマーランド賞は末脚不発も格上げ緒戦ムーンビーチ賞では2着に入ったトップフィーリング、同サマーランド賞5着ミライキング。休養明け2戦不発もメンバーの面では実績上位クールバニヤンもそろそろ。

馬連 11=10。13本線 11=6.7.12

関連記事

<< 7/25の函館 | ホーム | ソニータイマー発動+地デジ導入 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP