RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

それ言っちゃっていいのか

この時期に何かしらぶっこんでくるnetkeibaが今年もやってくれました。

競馬マスメディア総論的な座談会記事。全4回のうち1回目が昨日アップされましたが・・・

柏木さん、「専門紙は印以外どこも同じくらい」ってのは事実でもそれ言っていいのかw
関東でも2000年に比べれば専門紙は減っていますし、今年に入ってまたブック買い出している人間ですが(何げにブックの馬柱が一番しっくり来る派)、調教師が共同取材でコメント出しちゃそりゃそうなりますよね・・・

個人的にはもう競馬新聞協会そのものが古臭いからやめちまって、JRDBとかUMAJINとかもどんどん入れるべきだと思うのでそっち方面の議論への発展に期待したいですが・・・ちょっと難しいか。

こうやって「表向き」は同じでも必ず裏話やヤリ話が毎週のように出る事もある意味問題。それは野球も同じですよね・・・中日ドラゴンズのダヤン・ビシエド選手が米国市民権取得のために帰国した話もどうやら一部には「西武戦前には渡米する」と伝わっていたそうですし。

燕にしても表向きでは言えない話はファンレベルでも多数ありますし・・・っと、これ以上は脱線。そういう意味で柏木さんの言い分はわかります。

競馬場に行くとわかりますが、今や専門紙を持っている人の数が公営でもかなり減っている現状。(中央なら東スポで済む人も多いけど、調教本数の詳細とかだとやっぱり専門紙買わないとダメなんで・・JRA-VAN系も坂路しか調教は出ないし)

むしろ馬主や牧場主がフィーチャーされるべきという斎藤修氏の意見には同調。キタサンブラックのように馬主がもっと前に出てもいいと思うが、「博打云々・・・」と言われるのがアレなんだろうかと少し残念に思わなくもない。
言葉尻を取ると暴言になりそうなのでそこまでだが、ファンのレベルアップも必要。その教育は主催者ではなくマスメディアの仕事でもある。そのマスメディアの一部が継続的な主催者批判までは良いが、暗に主催者を揶揄するがための記事が時々出てきてはがっかりしてしまう。netkeibaのコメでは何かあればすぐJRA批判が起きるし、そういうのを変えていかないといけない。個人発信も容易な時代だからこそ、ファンも言葉を選ぶべき時代なのか。

関連記事

<< お知らせエントリ | ホーム | 2年前に書いた事。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP