RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

久々のエントリが年末

数ヶ月放置しておりました。(多分見ている人も多くないでしょうけど^^; twitterでは元気しておりますが)

年末ギャンブル行脚も前半の中山大障害、有馬記念、賞金王(グランプリ)が終了。
昨日からは後半戦の1つ、賞金女王決定戦(QUEENS CLIMAX)、今日からは大晦日決戦へ繋がるスーパースター王座決定戦トライアルもスタート。今年もあと5日、となると迫ってきましたね。

一足早く今年の開催を終えた中央競馬の電投成績。紙馬券の分は勘案せず。最終日のハッピーエンドカップ・ファイナルSで勝ち組には回れたけど、という状態であるし。

年間回収率は79%。寺銭考えればほぼトントンといえる数字かな。
競馬場別では函館(119%)、福島(107%)が黒字。札幌がワースト(19%)、あとの場は
今年も関東>関西という感じだが、東京84%、中山88%、京都68%、阪神69%、中京88%、新潟81%。

黒字に持っていきたい関東開催も、今年はそれほど数字としては悪くなかった。

騎手別回収率トップ5は
四位(570%)>川島(410%)>北村宏(295%)>佐藤友則(210%)>バルザローナ(205%)。

騎手別購入額トップ5は
ルメール>戸崎>M.デムーロ>川田>福永。
デムーロがほぼトントンの数字。なにげに藤田菜七子が回収率98%。

毎度おなじみ回収に貢献しなかった騎手(購入額一定以上)。

バルジュー、シュミノー、丸田、松若(最終日のファイナルSは紙馬券でノーカン)、津村、ムーア(やっぱり紙馬券ならもっと当たってた。ステイヤーズS当日の最終はWINS浦和購入分)、藤岡兄。

田辺も購入額の割に数字が悪く、いまひとつ相性が悪い。

幸や藤岡弟あたりで100越えはしているのですが、結局「騎手買い」をあまりしていないのでばらつきが目立つなぁ・・・。
関連記事

<< 2017年 | ホーム | 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP