RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • 宝塚記念 (06/26)
  • そして伝説へ (06/09)
  • 安田記念 (06/05)
  • 東京優駿 (05/29)
  • コラボ企画終了 (05/27)
  • 強い競馬 (05/25)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東京優駿

     ◎サトノダイヤモンド
    ○ヴァンキッシュラン
    ▲リオンディーズ
    ☆スマートオーディン
    △マカヒキ
    △イモータル
    △マウントロブソン
    夢プロディガルサン

    近年結果が出ている皐月賞3着からの巻き返しに今年も期待。里見治氏に悲願のダービータイトルなるかどうか。(昨年はドゥラメンテの2.3着)皐月賞3着から大きく評価を上げたのは距離が短い中でも結果を出したこと。延長で更に上昇が望めるはず。

    青葉賞はハイペースとなり近10年でも好タイムの部類。ヴァンキッシュランは早くからこの2400m路線に照準を合わせ2月の500万の降着は痛かったがアザレア賞・青葉賞と2400m路線を連勝。広い馬場への適性も高く狙うならここか。島川氏もなかなかダービーに縁遠い馬主であるが、今年こその願いも込めて。

    皐月賞降着のリオンディーズ。小回りの中山よりは東京の方が向いていそうであるし、大きく崩れていない安定感が売り。朝日杯~2月の段階では「この馬がダービー馬候補」と見ていた事もあり、キャロットFがまだ戴冠していないダービーのタイトルは十分ありそう。現状シルクレーシングと共に勢いあり、今年はサンデーレーシング組の主力参戦が少ない状態。チャンス大。

    スマートオーディンは距離の壁を克服。近年好走馬多い京都新聞杯組でもあるし、このルートは2013年のキズナと同じルート。共同通信杯の惨敗もこの2走結果を出してきている事で払拭出来ており、皐月賞組を逆転できる可能性も。

    皐月賞2着マカヒキもあっさりあって不思議ではない上、ローテーションは父ディープインパクトと同じ。例年の皐月賞なら楽勝でもおかしくなかっただけに展開に恵まれなかった形であるが、皐月賞2着からダービーを勝った馬は1995年タヤスツヨシ以来20年出ていないのが気がかり。優等生の馬だけにこの枠でどう乗るか。先週のシンハライトのような騎乗ではCコース替わりの府中ではマイナスに働きそう。思わぬ展開に乗れるならば、だが。あっさりあっても不思議ではないが今回はデータ面や枠番から押さえに回す。

    皐月賞馬ディーマジェスティは東京コース向きなのはプラスだが、あまりに皐月賞で激走してしまった反動が出ているのが気になる。共同通信杯でも「無理をしなければならなかった立場(当時1勝馬であったため)」からお釣りはなさそう。皐月賞は十分にチャンスありと見ていたが、今回は枠も最悪の1番枠。マークが厳しくなるのは必定で皐月賞ほど楽には捌けまい。ここよりは菊花賞で見直したい1頭。

    最後にPO指名馬プロディガルサン。大外枠であるし乗り替わりだし、青葉賞敗戦組は本番苦戦のデータもあり、で人気急落は仕方がないところか。しかし7番人気くらいだろうと見ていたら11番人気。そこまで格下の馬ではないはずで、展開ひとつで3着くらいはあっても良いと思うが・・・ここはマークも薄くなるだろうし青葉賞はハイペースを掛かっていってしまったのが敗因。2走目で上積みあるはずで掲示板くらいはあるのではないか。ここは夢馬券での「がんばれ馬券」で応援。馬券の軸としては3連複の押さえまで。
    関連記事

    << 安田記念 | ホーム | コラボ企画終了 >>


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。