RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

異例の「初騎乗」

今週から新人騎手・新規開業調教師がデビューする中央競馬にとっては「もうひとつの正月」「新年度開幕」とも言える週。

それを前に16年ぶりに誕生したJRA所属女性騎手・藤田菜七子騎手が今日の川崎競馬10R、JRA500万交流戦マーチスター賞に所属となる根本厩舎の馬で参戦。これが初騎乗に。

川崎競馬側が異例の対処なのか、取材は事前申し込み制かつ、当日はパドックの馬主エリア付近にプレス用エリアを作成するなど、「16年ぶりの女性騎手」が注目されているのでしょうね。これから伸びるかどうかは本人の研鑽次第(という意味では不安もありますが)ですが。

南関の馬券であれば騎手名も印字されるので、当日騎手名入りの単勝馬券を求める人は多そう。単勝がいびつな人気にならないかなぁと思いつつ。自分も浦和場外に行ければと思いつつ、木曜日ではそれも無理そうで・・・
関連記事

<< エンディングまで泣くんじゃない | ホーム | 「革新」の3月 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP