RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

競走数に限りがあるが・・・

日刊スポーツ報道等で11月7日より海外競走馬券発売(今年の国会で成立した競馬法改正によるもの)競走指定についてのパブリックコメントが募集されているので、文章をまとめてコメントする事を考えてはいるのだが、そこまで海外競馬に明るくない身分でもいいのかなと思いつつ、二の足を半分踏みかけております。

11月10日放送分グリーンチャンネル「地中海ケイバモード」放送上で合田直弘氏が「JRAと(海外競走)主催者間との契約等の関係もあり日本馬の動向で競走をフレキシブルに指定するのは難しい」というニュアンスの発言をしていた事や、国内でもシステム面の都合等もあるため発売レース・場を固めておかなければならず、2016年の法施行当初段階ではJRAによる発売に限定されているという前提で考えると、個人的には凱旋門賞前哨戦、英米三冠やグローバルスプリントチャレンジ加盟競走も追加すべきとは思いますが「あれもこれも」になってしまって逆に絞れない場合選定上問題にならないとも限らないし現在指定されている24競走±α程度が法施行段階での「初期段階」とした方が良く、そこから競走数の増加やJRA以外の主催者に発売を認めるケースでは競馬法改正まで行かない段階で(JRAや競馬サークル内で)解決できる問題なのではないかな、と。今は骨子を固める事が重要かと。
発売様式等は今回のパブリックコメント募集には含まれていない事もあり(とはいえインターネット投票に限定されるのが現実的)指定競走に限ってコメントしたいな、と。

それでもゴドルフィンマイル(日本馬の遠征実績多数)、フォア賞・ニエル賞・ヴェルメイユ賞(ここ数年GCでの中継実績があり、2015年も中継)は追加して欲しいなぁ・・・。「そんな事より射幸心煽る馬券もっと入れろw」ってのが本音の人は多そうですが・・・4連単とか5連単とかある国も結構ありますが、日本のシステムを使う関係上発売馬券は3連単までに制限されるでしょうからね・・・。

そもそもオッズが現地と別建てならば日本馬を敢えて買わないというある意味袋叩きにされかねない買い方がベストじゃねぇかwと思ってしまう・・・・
関連記事

<< ひとまずは回避か | ホーム | G-FRONTに行ってみた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP