RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

JBC2015のよそー。

JBCレディスクラシック
今年で創設5年目、JpnIになって3年目。しかしJRAでは「ダートの牝馬限定重賞」が存在しないためJRAのダートを主戦場にする牝馬にとっても年に一度の「最大級タイトル」。3つの中では現状地方馬には最も分が悪いタイトルではないだろうか。今年もJRA勢を中心に。


3連複で6.7=2.3.16と穴狙いの4-6-7。サンビスタが馬券を外すことは考えづらいが昨年のワイドルフラッパーのような事はありそうで、3連単のアタマ勝負は危険と判断。ド安目でガミる目もあるでしょうけど一応これで

JBCスプリント
2007年のフジノウェーブ以来地方勢のタイトル戴冠はない。JRA勢が盤石とは言えないメンバーながら強力には変わりなし。
しかしダノンレジェンドがあっさりはこのオッズでは嫌ってみたいのもまた事実。北海道スプリントCのように後手に回る展開だと取りこぼしも。デビュー戦以来の1200mだがベストウォーリアを◎に馬連10=3.6.7.11.14.15。ダノンレジェンドとの6=10は厚めに買わざるを得ない。セイントメモリーはあと1年早ければ・・・。今年の出来では不安が大きいが、地方勢ならこの馬かポアゾンブラックか。

JBCクラシック
日本競馬史上初のGI・JpnI通算10勝の記録へ挑む◎ホッコータルマエ。雨上がりで幾分湿った馬場ならば文句なし。昨年の東京大賞典4馬身圧勝当時のポテンシャルは今だ衰えず。
昨年の4着はドバイ帰りで故障も重なり万全の状態ではなく今回は同じ休み明けでも昨年とは違う。ここは3連単アタマ固定で良いだろう。
骨折明け日本テレビ盃で取りこぼしたコパノリッキーだが、骨折明け2戦で惨敗しフェブラリーSで激走した13年年末~14年春がある以上、今回はまだ走れない状態にある可能性も。叩き2走目でポジションを上げる事は考えず、昨年の東京大賞典で決定的な4馬身差を見るにホッコータルマエにはかなわない。サウンドトゥルーは漁夫の利で勝利した日本テレビ盃だけに、今回はそこまで楽な展開にはならないだろう。大井2000は追い込み馬有利もそれは地方同士での話。JRA勢の主力が揃う「チャンピオンディスタンス」である以上、総合力面ではまだ格下。この2頭は3着ヅケまでとしたい。
これならばデムーロを配したハッピースプリント、勝ち切れない競馬が続いているが東京大賞典4着の実力から落ちているとは考えづらく、展開次第ではチャンス。
GIで久々に地方時代の勝負服着用にて騎乗する戸崎圭太・ユーロビートにも注目。移籍当初から確実に力をつけてきており、連下なら。

3連単10→1.4.13.14→1.4.5.12.13.14.15。
関連記事

テーマ : 南関東公営競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

<< チームのため・個人のため。この結論は尊重しなければならない | ホーム | いよいよJBC >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP