RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

結果的に「鷹」が強すぎたのか、「燕」が弱かったのか

少し落ち着いてからになりましたが、ソフトバンクホークスさん2年連続の日本一おめでとうございます。

交流戦でセ・リーグ全体が大きく負け越し7月には「セ・リーグデフォルト(全チーム借金生活)」という事があり、当時の順位では首位のチームがパ・リーグに当てはめれば5位という惨状。この結果がそのまま日本シリーズの結果につながった感。

打線がつながり山田哲人の「日本シリーズ初」となった1日3HRを記録した第3戦こそなんとか意地で1つ返すも今の燕ではそこまでだったのかもしれない。第4戦、第5戦と今回弱点となった先発投手を攻められ第5戦は打線も沈黙。第4戦でソフトバンクの抑えサファテに32球を投げさせた事など、部分部分では良い試合もあったものの総論的に言ってしまえば「完敗」です。

それほどまでにソフトバンクが強かったのもありますが、石山を中継ぎに回したこともあって先発の駒不足から来る先発投手のローテーション短縮化、それぞれの先発が悪いところが出てしまった(特に第4戦の館山)事。ピッチャーは毎年毎年補強していながらも「火ヤク庫=点数は取るが取られる」というのがスワローズのここまでのゲーム。先行逃げ切りができなかった事も痛かった。

「エース」は必ずしも必要ないが「先発」の安定化が求められる2016年へ。今年のスワローズは本拠地神宮でソフトバンクの胴上げを許す「屈辱」で終わりましたが13、14年最下位のチームが混セがあったとはいえ中盤~後半に調子を上げて優勝争いへ加われ結果的に14年ぶりのペナントを取れたことを自信にして欲しいものです。

野球のシーズンはプレミア12や学生野球(六大学野球は終わりましたが。早稲田大学春秋連覇おめでとうございます)がまだ残っています。東都大学野球の入れ替え戦や明治神宮野球大会などで「闌」の季節。月末にはスワローズのファン感謝デーもありますし今年の野球シーズンもはっきり終わりが見えてきました。もう1~2回神宮にも行くことでしょう。

スワローズの選手・首脳陣に「お疲れ様」は言いますがそれでも鞭を打ちたい気分も少なからず。
関連記事

<< いよいよJBC | ホーム | 昼開催はお休み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP