RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

目先の試合か、先々のチームか

シーズン開始当初は「4位が精一杯、CS圏内の3位で通過できれば御の字」と思っていた東京ヤクルトスワローズが優勝へあと少しのところまで来ている。が2ゲーム差に巨人、更に1ゲーム差に阪神(自力優勝消滅中)。広島の優勝可能性は流石に厳しくなったかという感じで、阪神は自力Vが消えているため実質在京球団による優勝争いと考えても良い段階まで来ているかと。

シルバーウィーク7連戦をあと2戦残し3勝2敗。今日23日は黒田博樹先発でかなり苦しい戦いになるだろうし24日の横浜戦は「星勘定にしておくと痛い目に遭いそう」な試合。残り試合が阪神・中日・横浜とは1試合ずつになっており広島・巨人が3戦ずつで巨人との対戦はすべて東京ドーム、と「ドームで打てない」ヤクルトには厳しくなりそうだが、1つは勝っておかないと困る。

おそらくは「全球団からあと1つずつ勝利」を達成すればペナントレース優勝はほぼ確定的。どこかで星を落とすようだと巨人戦や広島戦の「ロード勝利」ノルマが増加すると考えてよく、「神宮残り全勝、東京ドーム1勝」の6勝3敗を理想としておきたい。

今日黒田に勝っておいて「SW5勝2敗」で終われば東京ドーム決戦を待つことなくかなり有利な立場に行けるはず。今日明日が第2の「山場」。週末が最大の「山場」だろう。ヤクルトも阪神や広島の12連戦程ではないとしても7連戦→4連戦。決して楽ではないが疲弊しているのはどこも同じ筈。あとは球団・選手を信じたいもの。
巨人が優位になる「10・4決戦」へ持ち込まれる前に優勝を決めておきたいところだが・・・そうなると9月29日または10月1日の神宮で決めてしまうのが理想的。
関連記事

<< 優勝まで実質「マジック6」 | ホーム | 守備ミスしてたら勝てません >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP