RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

主役:新井貴浩

8/13 Thu.マツダスタジアム
広島9-1ヤクルト

ここ2戦とは打って変わっての広島ペース。1回でヤクルトが先制できず広島に先制を許し、3回裏に新井貴浩選手の5号満塁弾で一気に広島の流れへ。その流れを覆すことができずの惨敗。7月28日に近い負け方かな・・・。先発石川は序盤の失点が痛かったか。
今日は「こういう負けゲーム」という事で割りきって明日からの阪神との首位攻防戦に期待をかけたいですね。

巨人も負け2位はキープできたことは僥倖かな・・・。しかし首位阪神との差は2.5ゲームへ広がってしまい、広島との差が3ゲームに詰まる。広島との差はロード6連戦前と同じゲーム差に戻る形に。

最低「勝ち越し」でゲーム差を少しでも縮めたいところ。3タテを食えば阪神の背中が遠くなるばかりではなくまた広島との差が詰まる事になるので、可能な限りの総力戦で挑んでほしい。ここで阪神を独走の首位に持って行かせてはいけない。
明日は先発古野、おそらく土曜日は館山で日曜日は石山か。打撃や抑えでの助けも必要だろう。真中監督は選手を信じるタイプながら、ここは非情さも求められそうだ。3タテだけは「絶許」。

7月下旬から「3連敗」はないヤクルトだけに大きく負けてはいないが大きく勝ち越してもいない。このロード6連戦を5割で乗り切れたことは大きいが、神宮での地元は3連勝する気持ちで。そういう事を「誓い合った」名古屋の決起集会であるんだろうし(9日の中日戦後、選手やコーチ陣など全員にて名古屋で「飲み会兼決起集会」をやったことがサンスポに書いてあったけど)
関連記事

<< 初代フォーチュントリニティ | ホーム | 連夜の完封 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP