RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

複雑な勝利・・・。

8/9 Sun. ナゴヤドーム

中日4-5ヤクルト エラーでの勝ち越し点がそのまま決勝点に。延長11回の激闘を「延長に強いヤクルト」が制すも両軍ミスの多い試合。勝ったには勝ったが・・・

中日先発山本昌が2回途中アクシデントで途中降板。年齢的にも限界なのか一時的なものか。

4回にひっくり返された時は3タテを覚悟したが「負けている時点で」のROB投入。今日はやっぱり負けられないか?と思った7回から流れはヤクルトへ。8回表に川端ソロで1点差に追い詰め9回表は雄平三塁打、大引フォアボールからのデニング「一日一善」の犠牲フライで同点。9回裏は同点の場面でもバーネットを投入し9球で締めくくり勝負は延長戦へ。

10回表も攻撃のチャンスがあったが10回裏も頑張ったバーネットの分も・・・という11回表。大引・中村がヒットしバーネットはここで代打を送られ川崎もファウルフライ。2アウト1.3塁の場面になり比屋根というところで中日の投手高橋聡文ファンブルエラーの間に大引生還、貴重な勝ち越し点。11回裏は抑えに回った松岡が大引のエラーで2死2塁の場面あるもきっちり抑え連敗は2でストップ。

・・・疲れる試合だなぁもう。勝利は9・10回とイニングまたぎ登板となったバーネットにつき松岡が久々のセーブポイント。
この試合間に巨人が広島に3タテを食らった事もあり1毛差で2位へ浮上するも、この2位はあってないような2位。火曜日から対戦する広島が2ゲーム差まで急追しており3タテを食らうようだと4位転落の場面もあるだけに、この3連戦は正念場。

先発崩れや守備の乱れが大きく出ただけに選手も疲れているだろうが、秋へ向けていま一度の奮起に期待したいもの。
関連記事

<< 前線ブロック | ホーム | 段違いの涼しさ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP