RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

安田記念

今年は比較的混戦模様。ロードカナロアやジャスタウェイと言った確固たる軸馬不在の一戦。
また安田記念が「リピーターレース」である事も忘れてはならない。

前哨戦組を見るとマイラーズC組はもっと時計を出せたはず。開幕週京都の高速馬場で1分32秒台前半は平凡な時計で、某番組でもタイムランクDの評価。凡戦と考えて大きく割り引き。オール消しが妥当かと思われる。

それを考えると地力全開を出したモーリスはここ出走が微妙だったが結果的にはフルゲート割れ。確かにダービー卿CTでの強烈な末脚は目を見張るものがあるがグランシルクに近いイメージがある。総合力・底力も問われる東京のマイルで今期中山マイル~1800を3戦3勝の中身だけで信頼するのは期待過剰ではないか?スピカSのように出遅れる心配や2歳時の京王杯2歳Sのようにまだ左回りでは全幅の信頼は置けない上、この乗り替わりが不可解。今回は押さえまで。

ミッキーアイルはこの数戦で距離適性がマイルよりはスプリントにシフトしたイメージ。逃げの手にこだわらなくなってからは成績安定も勝ち切れておらず、スワンSのようにうまく行くほど周りも楽ではない。買うならこの先のスプリントGIで。

◎ヴァンセンヌ
○サクラゴスペル
▲リアルインパクト
☆ダノンシャーク
△モーリス

本命はヴァンセンヌ・サクラゴスペルの京王杯SC組に。ヴァンセンヌは時計面での裏付け微妙で比較的ここまでは道悪や時計がかかるレースを勝ってきたイメージ。しかしスローの決め手比べになった事を差し引いても京王杯SCでの末脚は時計勝負にもある程度対応できる事をイメージさせる中身。京王杯SCのような決め手勝負になればチャンスが出てくる。

サクラゴスペルはスプリンターのイメージ強いが2年前ロードカナロアの0秒4差5着。リピーターレースという事を考えると大穴を開けるチャンスは十分あるのでは?

リアルインパクト・ダノンシャークもリピーター的1頭。ただリアルインパクトは海外遠征帰り、ダノンシャークは一頓挫明け の分だけ評価落とす。
関連記事

<< 一歩及ばず&勝てば5割 | ホーム | またも2着 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP