RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

今日を機に

騎手・後藤浩輝がようやく天国へ行ったんじゃないかなという気がする、「追悼セレモニー兼引退式」。

セレモニーの半分程度がグリーンチャンネルで放映され、JRAウェブサイトでも動画がアップされているので詳細はそちらに譲るとして、現地に行って「参列」してきた身から少しずつ。

当初は先週のマーチSの時に行こうかと思いましたが、前日にこの追悼セレモニー開催がJRAから発表されたので1週間ずらしての中山参戦。思えばダービー卿CTの日に中山へ行くのは初めてだったかも。雨が降ったり止んだりとあいにくの天気ではありましたが、中山の桜はちょうど満開。その日にこのつらい別れは正直のところを言うと悲しいし、再来週の「ファンと騎手の集い」で大暴れする後藤をもっと見たかった・・・・!

祭壇が設けられていたベンジャミンコーナーから中山競馬場のスタンドへ入る通路には中山・阪神・中京・小倉の各競馬場で献花・記帳の際捧げられたと思われる思い出の品が展示されておりました。彼が初めてGIを取ったアドマイヤコジーンの単勝馬券(このレースは忘れられない)や著作本、横断幕、写真など。

8R前に現地に着いてまずは献花(JRAの方で白薔薇の用意がありました)、記帳を済ませてからレースの間は競馬を楽しむ。最終レースのアンチャン祭りは両方とも的中(阪神はサンライズ丼でいい馬券取らせてもらいました。3連単じゃないけど)。
最終レースの払い戻しを受けると既に追悼セレモニー会場のパドックには多数のファンが。最終的に2000人程の方が「参加」されたようです。

セレモニー進行についてはほぼ動画の通りですが、最後に後藤騎手のパネルを使っての「胴上げ」は悲しいけどこれで「競馬の世界で一生を終えた」騎手でもあるんだなという気持ちもありましたね。
最後の後藤コールを起こしてくれたファンの人に感謝しつつ後藤コールにも参加。

DSC_0238.jpg

今までありがとう。お疲れ様!天国で大暴れしてくれよ!
そして改めて、哀悼の意を。
関連記事

<< アウト | ホーム | 「オール帯広」での9年目の「ばんえい十勝」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP