RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

どん底から頂点へ

KEIRINグランプリは武田豊樹選手が優勝。今年の正月開催は元日の京王閣S級シリーズからの再出発だったのを思い出しました。この京王閣S級シリーズは優勝で飾り、「どん底からの脱出」が始まったわけではありますが。

前年の高知記念競輪初日特選での追走義務違反で事実上年末までの出走停止処分(斡旋保留含む)のペナルティを受け昨年はグランプリに武田の姿はなく、5年間維持していたS級S班からも陥落。
これとは別に昨年末~今年の競輪界最大の事件と言っても過言ではない新選手会問題で当初は今年5月から1年間の自粛休場を勧告されたため武田の姿は2015年春までは見られない事になっていたが様々な声もあったようで武田を含む大部分の選手は実質3ヶ月に短縮(7月末で自粛一斉解除)。

自粛休場解除後はそれでも武田の実力は衰えるどころか脂が乗ったような物を感じた気がする(GIくらいしか買わない自分でもそう感じたので、普段から競輪を買っている人はもっと思っていると思う)

そのような「どん底から栄冠を掴んだ1年」・・・映画化決定(←
とまでは言わないにしても、素直に武田豊樹おめでとう、そしてSSへお帰りと素直に言葉が出た。
年明けからは競輪界全体でのギア倍率制限による4倍台の「大ギア封印」が待っているが、頑張って欲しい。

関連記事

<< 2014年の総括(主に博打方面) | ホーム | The final countdown >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP