RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

ジャパンC

◎ジェンティルドンナ

▲イスラボニータ
▲ジャスタウェイ

☆ハープスター
△ヒットザターゲット・トーセンジョーダン・スピルバーグ・トレーディングレザー・フェノーメノ

こと東京2400という条件であれば絶望的な位置からロデオのような競馬で差しきったドバイシーマクラシックの中身から◎ジェンティルドンナの軸は素直に信頼。有馬記念は一銭もいらない馬だと思うので、買うならここでしょう。単もオイシイオッズになっていますし。
5馬身ぶっちぎった2012年オークスやオルフェーヴルと叩き合って勝利した2012JCよりは多少パフォーマンスを落としているのも事実だろうが、苦手な右回りや重馬場が原因。土曜の雨も明日のこの時間には乾いているだろうからその点では問題なし。イメージ的には98年JCのエアグルーヴ。

3歳馬イスラボニータは天皇賞で一応結果残すも、ジェンティルドンナに先着できなかった中身から今年の3歳牡馬クラシックの総合レベル面が疑われるか。5枠の3歳クラシックホースであれば2400mOKのイスラボニータの方。
ワンアンドオンリーは菊花賞上位人気経由でのJC参戦馬実績があまり見られず消しとしたが、イスラボニータも3歳馬の秋3走目不利のデータがつきまとう。
ダービーのように楽に好位につけられない可能性が高く、菊花賞のように距離ロスを伴った結果伸び倦ねるシーンの再現となりそうで、ならばスパっと切れる有馬記念の方で。(使うかどうかはともかく)

ジャスタウェイは距離不安距離不安と言われているし、3歳時は未完成状態でありながらダービー大敗の実績も確かにあるが距離不安ならば凱旋門賞でもっと負けていたはず。この馬及びイスラボニータはエルコンドルパサーが旧4歳時抱えていた「血統的には問題ないが、実績で距離の壁がある」イメージ先行型で人気が落ちている印象。
極不良馬場だった安田記念は並の馬ならどこにもない位置からきっちりハナ差捉えた着差以上に強い競馬。ただ今年は通年タフな馬場でのレースが続いていた状態で切れ味が求められる2400という舞台に対処できるかが。

3歳牝馬ハープスターには世代交代の期待かかるが、どうにもここ目標の仕上がりにはなさそうなイメージ。3歳牝馬での凱旋門賞参戦が最大目標になった後だけに、立て直しできているかが少々不安であるしオークスのように落鉄寸前+体調も決して良くなかった事があったように、続戦が効かないタイプに見えるしベストはマイル~2000ではないかと思うのだが。来たらごめんなさいで今回は評価落とし。

△はペース如何で連を拾えそうな馬を。ロートル世代かつトニービンの血がある馬が結構穴の好例ある。
前走は何もできず大敗したフェノーメノだったが明らかな仕上がり途上。データ的に天皇賞大敗からの巻き返しは苦しい上、Cコースでは不利な外枠ではあるがここまでナメられているならば連には拾っておきましょうという感じで。
関連記事

<< JCデー | ホーム | ルール変更 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP