RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

福島へ行ってきた(1)

当初は今年から中京へ移行するジャパンカップダートチャンピオンズカップを見に中京、も考えましたが12月頭に休みが取れるか微妙→11月半ばなら3日休み取れる、ということで福島記念への参戦を決定。

行きは東武経由だった事もあって、竹ノ塚→栗橋(ここからJR)→小山→福島、とめんどくさいルートを。(栗橋で25分待ち)
25分待ちの間にこんな写真も撮ってみた。東武動物公園駅の1分接続がうまく行くか不安も、隣のホームで問題なし。

s-DSC_0001.jpg
↑JR・東武連絡線の先に存在する運転手・車掌交替専用の場所。BSTPの動画「はるちはゆうで行く関東旅行 第8話で出てきました



s-DSC_0003.jpg
↑この時間だと浅草方面への送り込み回送?のスペーシア(紫)。

JR宇都宮線で小山駅まで移動し、小山から新幹線(やまびこ201号)へ乗車。

s-DSC_0010.jpg
↑東京方面に止まっていたE5系なすの。17両ながらかなり人が乗っていた感じ。

s-DSC_0011.jpg
↑やまびこ201号はE2系10両での運転。もう東北新幹線で見られるのも長くはないようです。

新幹線内はガラガラ(時期的に観光シーズンでもないですし、各駅停車タイプですし)。郡山あたりで少し乗ってくるも3人席はほとんど埋まらず福島駅へ到着。新幹線内に流れるニュースで錦織圭が負けたことを知る。お疲れ様でした。

s-DSC_0014.jpg
↑福島駅新幹線コンコースにある馬のフィギュア。これを見るとああ、福島に来たなぁと思いますな。

s-DSC_0015.jpg
↑跨線橋を越えて在来線ホーム側へ。東口までもう少し。

s-DSC_0016.jpg
↑気温5℃。流石に結構寒い(早朝は3℃を切っていたとか)

前々回はここから100円の福島市街周遊バスで、前回は郡山駅から高速バスでアプローチしたため、競馬場前まで直通するバスに乗ったのはこれが初めて。競馬場前までは行かずに1つ手前の年金事務所前(ここで降りると20円安い)で下車。もう競馬場の南門はすぐそこなのです。
s-DSC_0020.jpg

この日はふくしま駅伝の開催日だったようで、福島駅周辺も選手通過の時間帯に通行規制があるという看板をいくつか見ながら、福島競馬場南門へ・・・とおもいきや、ここからは入れず。近くの係員に指定席買うなら正門に回る必要があるか聞くとそのようなので、正門へ回る。

s-DSC_0021.jpg
↑ちょうどパドックの下あたりにある親子馬像。


s-DSC_0022.jpg
s-DSC_0023.jpg

↑8時40分くらいに競馬場正門前へ到着。開門は10分早い8時50分となりました。
指定席先行入場も着いた段階で終了し、開門待ちとなってしまいましたが・・・・(これより早い新幹線だとつばさに乗るしかなかった。しかも小山通過のため往路ルートを変える必要があった)
流石に府中や中山の開門前と比較するのは可哀想ですが、多くの人が待っていましたね。


s-DSC_0024.jpg
↑既にA・B指定席は売り切れながら、スマホ充電確保のためにC指定席を確保しておきたかったので、C指定席の購入列に回る。整理券番号は後列181番。何とか買えましたが9時台前半にはすべての指定席が完売になったようです。
来春以後はクレジットカードによる予約が福島競馬場でも始まるので、重賞日は熾烈になりそうだ・・・まぁ一般カードは持っていますが(府中・中山はほぼ一般席なのでJRAカードを作る程でもない)

C指定席は以前5階B指定席だった箇所からモニタを取っ払って2個口の電源をつけた席。東日本大震災の際スタンド損傷を受け天井板が崩落した場所でもありました。改修工事の結果フロア全体が真新しい感じに(+案内ボードも一新されたようでハングル語・中国語が加わっておりました)

s-DSC_0036.jpg

取った席は80番あたりの席。馬券売り場からはちょっと離れるもターフビジョンがしっかり視認できる悪くない場所。
ただ、レースを見るにもパドックを見るにも近すぎる故、鍋底を覗くような視点になってしまうのは・・・仕方がない気もしますが。これは「馬場と観客席が近い」福島ならではの弊害なのかも。よって電源確保を中心として下で見るレースも増やす方向としました。
4階(指定席フロア)の入口あたりにブラックレイがあるため府中のように一般客が上階のパドックフロアを利用できないため、上階のパドックは指定席券を持っているか馬主席を利用できる人以外は利用できない形など、中山に近い運用をしているんだなと。

C指定席のゴール板方面には馬主席が設置されており、馬主席とC指定席の客が同じフロアの施設を利用する形。((むしろ府中のように馬主席が完全に別フロアになっている方がレアなのかなぁ・・・?)指定席・馬主席内のフロアには発売・払戻兼用の馬券券売機はなくこのあたりはやや不便さを感じましたが、価格を考えれば仕方がないところ。電源確保と割り切れば悪い席ではありません。
あとは指定席フロア内にコインロッカーがあればなお良かったですね・・・結構荷物もある上、これを下の手荷物預かり場で預かってもらうのはなかなか面倒くさい。

1Rと2Rは上で見る事として、いよいよ勝負開始。
1Rは芝替わりとはいえネオユニヴァース産駒のダート替りは問題ないと見てここから入り、安いながらも馬連的中。
途中運試しとして東京・京都の1Rも少し買い、両方的中。幸先良いスタートに。

それにしても福島→東京が5分、東京→京都が10分、そしてまた10分後に福島とこのあたりは結構慌ただしい。京都のレースを見たらもう福島の馬券を買わなきゃいけないということで2Rは単勝5点で勝負するも、1番人気クリノアマダブラムが勝利してガミ。せめてグリューネヴォッヘが勝てばトントンだったのですが。

福島2Rが終了したところで10時半から始まるおみくじ馬券(当日の福島記念orエリザベス女王杯の3連複・3連単を100円×5点、クイックピックとして出力した馬券を購入できる)を買うために下に降りる。途中で京都2Rを買うも外れ。ウインエアフォースが飛んじゃったらちかたない。

購入したおみくじ馬券はこんな感じ。またえらい大穴馬券ばかりだこと。どれが来ても5万は堅い。

s-DSC_0172.jpg

3Rは福島路ビール(路と書いてじと読む)を買うために内馬場へ回り観戦。馬券は人気の3から馬連流し。きっちりオーシャンドライブが勝利し2着も勝っている13が入り的中・・・も1番人気。福島にしては朝から堅いのが3つ続く。

(その2へ続く)

※画像は当初4K/2Kサイズで撮影したのですが、FC2の制約上2Mを超える画像がアップできないため、FullHDサイズに縮小してアップしております。元の画像及び動画をgoogle+のアルバムにアップしておりますので、こちらも合わせてどうぞ。
https://plus.google.com/u/0/photos/111617975297509076727/albums/6082586676851494065
関連記事

<< 福島へ行ってきた(2) | ホーム | 福島記念・中村繪里ザベス女王杯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP