RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

菊花賞

某アナウンサー風に「見」も考えるくらい買いたい馬がいないし、距離EのGI。天皇賞(春)程距離Eらしさを見せるレースではなく、距離L守備範囲でも対応可、馬齢限定戦なのでここまでの勢いも重視というのが菊花賞。

ダービー馬ワンアンドオンリーは一応信頼できる馬ではあろうし、母父タイキシャトルで距離不安という印象はない。スロー想起ならダービーのような先手もありうるが、この馬はどうにも速い上がりがないのが気がかり。一瞬キレで勝負できたダービーとは舞台が違う菊花賞。皐月賞・ダービーの二冠馬を除けばダービー→菊花賞のGI連勝パターンは皐月賞→菊花賞よりは数字的に落ちる、父ハーツクライもこの菊花賞は1番人気を背負って惨敗したなど不安要素が一定存在。
今回は3番手までとしたい。

◎タガノグランパ
○トーホウジャッカル
▲ワンアンドオンリー
△トゥザワールド
△サウンズオブアース
△マイネルフロスト

本命はセントライト記念で一応結果出したタガノグランパ。中距離で敗退したラジオNIKKEI杯2歳Sでも0秒3差、渋った馬場は苦手にするタイプである以上、パンパンの良が見込める京都ならば。ダービー4着馬はかつて程大成しないイメージは払拭できているが、別路線、ことより短距離やダートでの活躍見込めるか早熟で終わるかの2択で終わるだけに。
例年はレベル低いセントライト記念組だが今年は新潟開催も味方したかメンバーは揃った。ただタイムの2分11秒台は標準レベル程度。穴軸として。


対抗トーホウジャッカルはデビューがダービー週と遅れての上がり馬。神戸新聞杯は直線不利があっての3着権利取り。ただこの上が見込めるかが少々疑問で週中本命からは多少下げての評価。競っての強さはあるので道中置かれなければ。金曜日発売時点で多額の投入があり一時1番人気になったあたりが少々人気過剰な気もするが。

ワンアンドオンリーは勝たれたらごめんなさい的な評価。1倍台後半程度(先週のヌーヴォレコルト程)も想定されたが土曜日夜時点では3倍を切る程度。当日になっても2.5倍前後か。イスラボニータがいないところなら威張れるのも確かだが弥生賞や皐月賞のように道中置かれる、後ろからのレースになった場合は届かない危険性あり。展開面での不利が考えられるのでこの評価に。

トゥザワールドは結果的に「トゥザグローリーのようなGII・GIII大将中距離馬だよなー」的イメージ。菊花賞で勝ち切るスタミナ兼備ならばもっとイスラボニータに接近していたはず。今後金鯱賞や京都記念、中山記念と言った春までの中距離路線GIIなら悪条件なければ勝ちきれるだろうが、兄同様長距離では人気泥棒タイプ。応援馬券は買うが、馬券の主軸には置けない。
サウンズオブアースはダービー穴人気の割に神戸新聞杯は人気落とし人気からでもなかなかの好配当を演出。今回もそういう実績を考えればお買い得な1頭。連下には必要だろう。ダービーは使い詰め影響か左回り、と考えれば順調に使えている今回は。

マイネルフロストも実績ほど人気伸びず。前哨戦大敗で人気落とすパターンだが後ろからの追撃苦しい新潟芝2200m。ここはノーカウントで考えたい。そういう意味ではショウナンラグーンも印は打たないが押さえには。

札幌で連勝ゴールドアクターはここまでの実績考えればこちらもお買い得だが、トライアルパスでの本番直行。札幌2戦はいずれもスローから抜け出して・・・の競馬。特に支笏湖特別は超スローの一戦だけにペースがある程度流れるここでは息切れが心配。
関連記事

<< 天皇賞(秋) | ホーム | 秋華賞 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP