RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スプリンターズS

ポイントは「いつ雨になるか」という事。WNIピンポイント予報では14~15時頃なので、馬場への大きな影響はなさそうだがいくら内緒でローラーを入れていたとしても馬場好転が望めない秋季開催の野芝。2002年のように内目3頭で決まる決着とは別ベクトルになりそうだが。

◎ストレイトガール
○セイコーライコウ
▲レッドオーヴァル
☆マヤノリュウジン、スノードラゴン、ローブティサージュ

△ハクサンムーン、アースソニック

今年は再度牝馬が蹂躙するスプリント世代の始まりと見て。ストレイトガールは函館SS惨敗が2012年摩周湖特別から続いていた馬券圏内記録ストップ(11連続)になったが、本来開幕直後の高速馬場は決してうまくない。一昨年も開催前半の札幌1000万を二度落とした後最終週の摩周湖特別で2着に入り、休養を挟んでからの活躍は周知の通り。連続開催で馬場が傷み開催終盤はこれに加えて大雨で最悪の馬場状態に陥った13年函館で実績をつけていることを考えると野芝オンリーさえ克服できれば開催後半の荒れた馬場を得意とする当馬には戴冠のチャンス。

○セイコーライコウは韋駄天S、アイビスSDなど直千実績が目立つため直千巧者と思われがちだが新潟であれば1200、1400でも実績あり新潟巧者が本来のイメージ。春の覇者コパノリチャードや前哨戦快勝ハクサンムーンなど実績では他に秀でる馬がおり実績や格の面での底力勝負に不安は残すが、高速馬場必至の野芝中山よりは今の新潟は向くはず。馬場適性で立ち回れる場面あれば。

▲レッドオーヴァルは桜花賞2着後挑んだオークス大敗から本来短距離でこそ。ただし雨が降ると持ち前半減の難しい馬だけに天気悪化が遅くなる事熱望か。キーンランドC2着より特筆すべきは阪急杯3着。最後こそ阪神巧者に掬われたがスプリント能力の高さを示した一戦で。ただ外枠に入り差し基本の当馬。既にズタボロの馬場状態かつ直前に直千が組まれるレーシングスケジュール上、伸びるポイントがあるかどうか。むしろ平年の中山向きという感じで多少評価を落とした。

☆勢のうち追込2頭はとにかく新潟芝1200という舞台が鍵。福島1200や中山1200と違って最後に坂がある訳でもなく、馬場が総じて重い上底力要求の中京芝1200、1400とも違う舞台。平年ではこの舞台で実施される3(4)歳以上オープンの競走は直千にシフトする反面存在しないのが難しいところ。直千ならば適性一つでチャンスはあるが今の馬場でどこまで追い込めるか。マヤノリュウジンはそういう追込の競馬で夏3戦を消化しており上がり目の面で疑問が残る。

牝馬ローブティサージュは今年の阪神牝馬Sでリバイバル覚醒。完全に早熟と思われた2歳女王だが短距離で存在感を見せており、前走キーンランドカップ勝利もフロック視されているという評価。昨年桜花賞以来の秋山真一郎へのスイッチとなる1戦だけに鞍上が短距離に対応する騎乗ができるかどうか。外国人騎手の手腕光った一戦とはいえハイペースで流れ最後1Fの底力系切れ味の競馬を3着に粘った能力は認めたい。あとはこの馬も天候一つ。

1番人気ハクサンムーンは△まで。セントウルSはトライアル仕様での2着であるし、臨戦過程が昨年と違いサマースプリントシリーズを勝ちに行くのではなくここを勝ちに行く中身。今年はオーシャンS13着大敗は懸念すべき材料ながら2番手で折り合えたセントウルSは評価。ただ今回はここ以上に相手が揃う上、苦手とする比較的パワーが必要な芝コースが待ち受ける。ここまでの実績を洗うと重たい芝になった時は取りこぼしが目立つ1頭。直千以外の左回り未勝利の実績も懸念材料。これらを克服すれば勝利に近い1頭ながら、今回は不利な材料がいくつか存在する。外枠も逃げ・先行主体のこの馬が直線内目のわずかに残る良い馬場を取れるかに懸念残す。

このハクサンムーンに3歳時2着実績あるアースソニックが侮れない穴馬。セイコーライコウ同様直千実績がストレートに通る舞台なら(2002年のこのレースはアイビスSD勝利カルストンライトオ不在)。高松宮記念でも6着ならば、上位陣が新潟コースに苦戦したとき浮上の余地残す。

スノードラゴンですか。外差しムリという馬場状態だとは思っていたのですが、荒れた馬場を味方にしましたかね。北海道スプリントCは大雨で馬場が悪かったですし。馬券は馬連のみ的中も70倍くらい、思ったほどはつかなかったなぁという印象。結果的にGIで上位争いをしていた馬が上位を占めたなという印象。レッドオーヴァルにしてもストレイトガールにしても。GIはやっぱりGIなんだなぁと再認識できました。

新潟競馬場は大盛り上がりだったようでオフト新潟や新潟医療福祉大学の駐車場を臨時駐車場として解放するも14時頃にすべて満車(約1万台の駐車可能規模だったそうで、佐賀競馬場の「1万台収容」の凄さがわかる)になったとの事。夜のパブリックビューイングも盛り上がったようですね。
もし平年の中山開催であれば朝から雨が降り止まず強い雨が降っていた時間帯もあったので、不良馬場での開催になっていたのかなぁ・・・と。
関連記事

<< 期待したくなる新潟マイル | ホーム | 台風18号 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP