RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

売上の推移に注目

大井競馬場のニュースリリースで気づいたが、次のダートグレード競走「東京盃」と「レディスプレリュード」は地方競馬IPATでの発売がなく、即PAT準拠銀行所有者がこれらの馬券を買うとするならば楽天競馬かSPAT4のどちらかに加入していない人は新規加入か紙馬券購入を余儀なくされるようだ。GCの地方競馬中継はこの2日とも普通に放送するようだが。
10月2日に投票照会絡みのサービス中断があるようなので、この期間中にメンテナンスや不具合が起きているiOS8への対応などを進めるのかな?と推測。GIを前にiOS8で不具合があるのは困るでしょうし(馬券購入自体に致命的な不具合がある訳ではないようだが)

どちらの電話投票でも地方競馬IPAT非発売期間中の馬券購入は全場全レース可能なはず*1 でそういう選択肢ならば自分は東京盃・レディスプレリュード共に最大ポイント10倍のRoad to JBCキャンペーンあるしSPAT4で買うだけ(プレミアムポイントのため、平日の地方は殆どSPAT4で買ってる。南関開催がない土日はSPAT4が動いていないためJRA→JRAで買えないレースは楽天競馬で買う、という感じ。オッズパークはオートレース専用と化している)だが、JRAの即PAT加入者でこれらの地方競馬電話投票未加入者がどう馬券を購入するか、あるいは「馬券が買えないのでパス」する事で売上に影響が出るのかは注視したいところ。
楽天で買物したい人なら楽天競馬でしょうし、定期的に南関買う人ならSPAT4なんでしょうが、この1週間だけの「特異状況」ですからねぇ(東京大賞典あたりでもこういうケースは特定銀行会員で買えない、というケースはあったがここ2年なかったような気がする。あと何気に重要だが今年の東京大賞典は「月曜日開催」であり通常ならA-PAT会員も馬券が購入できるのだが、平日だからなのかA-PAT会員は馬券が購入できないようだ

それと10月6日に迫ったスーパージョッキーズトライアル1stReg.は月曜日開催だが残念ながらこの日も地方競馬IPATでの馬券購入は不可能な様子。祝日でないとロック解除期間が1日延長になる事で財務的に問題ある人も出てきそうだし、やむを得ないのかなぁ・・・2ndの方は8月の時点でリリースあり。

JRAウェブサイトのデザイン変更後、トップページから直接プレスリリースにアクセスできるようになったようで、競馬会関連の任命情報などにアクセスしやすくなったのは知らなかった。ただ、PDFファイルでの提供。報道機関や競馬新聞業者へのFAX送付と同じソースかなこれ。



*1 ただしSPAT4は南関だけ発走1分前、楽天競馬は発走4分前締切
関連記事

<< 昔を思い出したなぁ | ホーム | 継承者 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP