RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

東京優駿・九州ダービー栄城賞

「九州ダービー栄城賞」が予測変換で出るgoogle日本語入力恐るべし。

<東京優駿>
◎トゥザワールド
○レッドリヴェール
▲イスラボニータ
☆ショウナンラグーン
△サウンズオブアース
△ベルキャニオン


2012年のダービー原稿より
・東京優駿での乗り替わり馬はほぼ来ていない・過去5年優勝馬は1枠か2枠(2011年は3枠のオルフェーヴルが勝利したため、1~3枠。内枠が圧倒的有利)
↑2012年で5枠-6枠の決着も、13年は1枠-3枠。
※注:2012年の予想からの抜粋なので、過去10年で。
04年 6枠-3枠 05年 3枠-4枠 06年 1枠-3枠(※稍重) 07年 2枠-8枠 08年 1枠-4枠 09年 1枠-6枠(※不良) 10年 1枠-4枠 11年 3枠-1枠(※不良) 12年 5枠-6枠 13年 1枠-5枠

まずは重要なチェックポイント。「完全なこのレース初騎乗(テン乗り)」は消しということと「当該馬連続騎乗」ではない騎手(乗り替わりも前に乗っていた経験あり)はシリウスシンボリ以来来ていない(約30年)。


内枠、ディープインパクトやオルフェーヴルと同じ5番枠というのは良さそうなトゥザワールドを本命に。瞬発力勝負にやや難があるもスローからの上がり勝負な若駒Sで経験済み。馬場差あるので一概には言えないが若駒Sはレースレコードでの勝利なので、下手な小細工なければ。


勝てば牝馬として3頭目のダービー馬になるレッドリヴェールは乗り替わりの点でマイナスがつく。兄弟はそれぞれマイル以下の活躍馬であった事にも不安はあるが、牝馬が強い今年。オークスで1番人気が負けたのも2007年によく似ている。ダイワスカーレットの仔が鼻出血でオークス断念となったのも似ている(母ダイワスカーレットは熱発でオークス断念)。2.3着には必要そうだ。


皐月賞馬イスラボニータは確かに皐月賞完勝、府中は負けなしの安定感は買うがどうにも距離に壁がある配合。ダービーは完成度の戦いなので距離適性はある程度無視できても、本質はマイル~2000mの馬。秋は天皇賞に進むだろうからそういう意味での本質が問われる1戦。

連下は乗り替わり陣営も少なくはないが、一応続戦で来ている馬をセレクト。京都新聞杯勝ちのハギノハイブリッドはテン乗りかつ、今期あまり調子が良くないウィリアムズ騎手。ここ数年京都新聞杯組の活躍目立つが、流石に・・・

専門紙記者には大人気のワンアンドオンリーだが、無印。この馬は府中で長くいい脚や瞬発力を使える馬ではなさそう。ワンアンドオンリーの馬主がかなり吹いているからの評価っぽい可能性もあり、この馬を狙うなら先かと。トーセンスターダムも良くなってくるのは古馬になってから。現状の完成度では下。

<九州ダービー栄城賞>
東京競馬場101では買えないようなので、買うなら南関4場か電投になるのかな。
◎ミスタージャック
○カーネルキッス
▲フリオグレイスー
△マサヤ

今年は「九州・四国地区」指定のダービーWeek開幕戦。日本ダービーとの同日開催。
正直、荒れる可能性もあるのであまり自信ない・・・クロスオーバーがいれば本命だったんだけど、ここにいないってことは兵庫ダービーあたり?


<岩手ダービーダイヤモンドC>
◎ライズライン

△1.2.6.11.12

前哨戦やまびこ賞圧勝。南関では結果でなかったが地元に戻れば大威張りできる◎ライズラインの堅軸か。

北海優駿まで枠順出ているけど、これは競馬ブック見てからにしよう。。。
関連記事

<< 知力体力時の運・「受信環境」! | ホーム | 土曜メイン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP