RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

モンタナ火事と生き残り

(1/9追記及びお詫び)
後日報道により、有楽町モンタナは火元ではないとの事です。大変失礼いたしました。モンタナが火元、というニュアンスの文章を修正しました。


半分くらい1月1日のエントリ続きです。

昨日の有楽町モンタナ(ゲーセン)付近の火災により山手線は午後まで、京浜東北線・東海道線・東海道新幹線は昼頃まで不通に。この影響なのか昨日の報知オールスターカップでオオエライジンに騎乗予定だった下原理騎手、ジャングルスマイルに騎乗予定だった平瀬城騎手が川崎競馬場に到着できなかったのか乗り替わりになり、オオエライジンには張田京騎手、ジャングルスマイルには内田利雄(ピンク)騎手が騎乗。
(この他、1Rの落馬による負傷で酒井忍騎手が乗り替わり)

※平瀬騎手については本人責任による不着と判明。ペナルティが下ったようです。

レースは人気に応えてオオエライジンが優勝。これで川崎記念の優先出走権を獲得しましたが、川崎記念出るかなー・・・出てくれたら楽しみですが。
2着は昨年の羽田盃優勝アウトジェネラル、そして3着には先日ネタにした10歳馬スターシップ。

スターシップは正月開催で早くも南関生き残りを決めましたね。
さて、今日は明けて12歳馬になるマズルブラストが生き残りを賭けて大師オープンに出走。
川崎(0 0 0 14)の中5日トウホクビジンや移籍初戦の「ブエナビスタを破った」ヤマニンキングリー、南関移籍後まだ重賞勝利はなく次の報知グランプリカップへ向かって弾みをつけたいタマモスクワートなど相手が揃った感はありますが、先に生き残りを決めたスターシップに続けるか。

火元となってしまった有楽町モンタナは全焼、との事で・・・・配電盤などの不具合から来たのでしょうか・・・
関連記事

<< 変革の年 | ホーム | 試走39でも >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP