RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

単独としては最後の大晦日決戦

来年からはボートレースの「Women's Climax(賞金女王決定戦)」が大晦日最終日となる日程が組まれるためスーパースターフェスタと後半4日が重複することとなり、スーパースター王座決定戦と賞金女王決定戦が重複する。

賞金女王決定戦がナイター開催になってくれれば良いが、12月の住之江競艇はナイター開催を行わないため、時間帯の重複も懸念される。オートレース単独での「大晦日決戦」は今年が一応の見納め。
来年の「年末ギャンブル総決算」はKEIRINグランプリが創設史上初の関西(岸和田)決戦、中山大障害が総決算の最初に移動(1週繰り上げによる)、有馬記念からスーパースター・賞金女王決定戦まではノンストップと今年とはまた違う戦いになりそうだが・・・

さて、今年のスーパースター。
開催好調だった日本選手権覇者木村武之が2日目フライング、2着2本で完走さえすればスーパースター進出は確実だった濱野淳が3日目、競走妨害による失格で失権(ただし当人も「あれで退くならオートレーサーではない」というニュアンスのコメントを出しているので本望と言えば本望だったのかも)。今日の11Rで「大晦日決戦」へ進めなかった8人の2013年が終わった。

今年SG4冠がかかるエース永井大介か、大きな不利を受けながら2着まで上がってきた日本選手権の中身からここでの戴冠に期待かかる「超新星」青山周平か、2年前当地でグランドスラムを達成した浦田信輔か、今年は不振に喘いだが王者復権に賭ける高橋貢か、それとも。

◎ 青山周平
○ 永井大介
▲ 浦田信輔
☆ 藤岡一樹
△ 荒尾聡

ここは超新星青山の「SG初制覇が最高峰のスーパースター」に期待したい。前半は追いに苦戦した場面あるし今回初のスーパースター、大晦日決戦への挑戦など越えなければならないハードルは高い。それでも「若き力」に期待したい。まだSG無冠とはいえオールスター、日本選手権と2着、今年GI・GII5回優勝の実力は既にエース級。特に日本選手権でのあわや落車かの場面から2着まで追い上げた実力は本物と評価したい。話題性豊富な31期の中でも実力は超抜。他の31期同期生への奮起にも期待する優勝を。

永井大介は「トライアルを卒なくこなしてきた」印象。10年同競走試走落車などここ一番での事故が多い選手だが追いあぐね「泣きが入った」日本選手権を除いてのSG3勝は「永井時代」今だ健在をアピール。初日の雨走路は取りこぼしたが良走路ではトライアル1着2本の「新・王者」の貫禄を見せるか。同じ船橋の後輩にはまだ安々と前を譲るわけには行かない。
栄華も挫折も味わった川口バンクで更なる進化に期待。

浦田は雨走路の初日は全くやる気なしの競走も、良走路で一変。タイヤ統一戦の今回だけに更なる機力上昇、外の船橋勢を上回るスタートが必須。
藤岡が不気味。無欲で進むならチャンスは十分ある。10周戦でどこまで踏ん張れるかが鍵だ。

車券は船橋勢二人からの3連単マルチで相手3.6の12点+試走次第で荒尾か高橋貢を入れる。
関連記事

<< タイトルなし | ホーム | 既に来年へ向けて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP