RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

兵庫ゴールドT・東京大賞典

まずは明日の兵庫ゴールドトロフィー。

◎エーシントップ
○ドリームバレンチノ

△ダイショウジェット
△エプソムアーロン
△ウルトラカイザー
△ファイアーフロート

上下差ハンデが大きい一戦。とはいえ上位は堅いか。
初ダートの霜月Sを危なげなく勝利したエーシントップ、JBCスプリントでこちらも初ダートながらエスポワールシチーの2着に入ったドリームバレンチノ。ドリームバレンチノは出遅れはあったとしても前半は初ダートらしくもたついた競馬。後半末脚を活かしての中身だけに直線短い園田コースで59kg、というあたりに少々不安材料があるためエーシントップを本命とした。霜月Sで負かしたウォータールルドが年末のギャラクシーSで斤量差あったとはいえ1400m巧者マルカフリートを破っての勝利。オープンや重賞で上位争いしてきている組の参戦がないのならこの2頭は負けられない。

ここ2年連続3着してきた地元の総大将オオエライジンは年始の川崎報知オールスターCへ向かうためここは出走せずで地元勢は正直小粒な印象。昨年の覇者ティアップワールドも近況冴えない競馬で更に昨年よりハンデ増加の59kgで狙おうとは・・・
こちらも近況不振だが流石に距離長かった浦和記念から3F短縮、得意の1400mでダイショウジェットの復活と地方他地区勢に期待をかけたい。特にウルトラカイザー。前走は南関オープン相手、総の国オープンでの2着は価値がある。エミーズパラダイスは近況不振でナメられていただけの話で地元船橋ならこのくらい走れる馬で左回り、マイルなど初めての条件を克服してきたのはプラス。長期休養が二度続いての叩き2走目の2走ボケや脚元の不安はあるが52kgのハンデならば期待。
高知の2頭もこのハンデなら上位争いできそうだが・・・

馬券は3連複で◎○2頭軸=△へ4点。ティアップワイルドが来たら諦めましょう。

で、東京大賞典。
プロディージュが球節炎のため出走取消。9頭での東京大賞典は中央競馬との交流競走になる遥か前、1987年以来31年26年ぶり。2000mになってからの9頭立ては史上初(2008年に10頭立てはあった)。頭数こそ少なく地方からはこれと言った馬の出走なく「馬場貸し」濃厚ではあるが「今年最後の”グレードワン”」らしい好メンバーが揃った。
#31年ぶりってどんな足し算してんだ俺

今日の時点で大井の馬場は重。日曜日まで急速な回復は難しく稍重~重での開催か。とはいえB2クラスの1200m戦で1分13秒1のタイムから2009年のような超高速馬場や2008年のような驚速上がりは期待できそうになく、昨年に近い印象か。2分04秒~05秒を叩き出せる馬ならチャンスが有る、という印象。スローペースで2分06秒台まで落ちる可能性も。

◎ホッコータルマエ
○ワンダーアキュート
▲ニホンピロアワーズ
△サトノプリンシパル
△ローマンレジェンド
夢プレティオラス

正直、JRA5頭の着順当て。そういうレースだけに3連単で勝負しなければどうしようもない。
ということならホッコータルマエの頭固定で勝負。
ジャパンカップダートはJRAダートオンリー経由のベルシャザールに負け、鞍上の騎乗について批判が殺到した。オーナーの弔い勝利(JCDの少し前に亡くなっていたそうな)もできなかった。今回はもう負けられない1戦。地方GIなら既に3つ勝利している得意の舞台。負けたのは休み明けでの南部杯だけ。JRAでは少々スピード面や最後の坂でもたつく馬だが直線平坦の大井ならその心配はないだろう。

スローペース見え見えの今回なら、JBCクラシックのように他馬の出方を見て逃げてもいい。

ワンダーアキュートは大井の2000という条件では些か甘さを残す分だけこの評価。東京大賞典は今回が4度目の挑戦、帝王賞やJDDを含めると大井の2000mで6回目の挑戦だが1着がない。JBCクラシックの圧勝を除いてGI戦では最後の詰めの甘さが課題。阪神でのジャパンカップダート3度の2着など安定感はあるだけに印は下げられないが勝つまでのイメージにはなく。

3番手はニホンピロアワーズ。休み明けのJDDでそう差のない5着で見せ場もあった中身ならばまだ衰えはない。今期は本格化したホッコータルマエに完敗の中身が続いており、逆転まではどうかの印象だが叩き2走目で上昇はしてくるはず。

ローマンレジェンドはみやこSで復活の気配魅せたが本番のジャパンカップダートでは最悪の1番枠に入った事もあるが見せ場もなく惨敗。昨年の覇者であるがこの馬の底はある程度割れてしまった印象、本来GII級。メンバー面から2着3着争いには乗ってくるだろうが昨年のように接戦に持ち込むまでのズブさを克服できるかが鍵か。

これならこの東京大賞典は3歳馬は不利、というデータはあるが逃げそうなサトノプリンシパルが粘っても。今回は流石に一気の相手強化、古馬対戦の2戦はいずれも惨敗とJRA5頭の中では最も格下であろうが、上位印の馬が競馬できないようならば3着くらいは。ただ3歳馬での台頭にはJDD馬券圏内が必要で、重賞勝利がない当馬だけに。
展開的に苦しそうであるし2000mの持ち時計が東京ダービーでの2分06秒8では物足りない印象だが、2000mを得意とするプレティオラスにも3着の期待を。。だがJRA勢があまりに強力。ここは強豪相手にどこまで迫れるか、賞金を咥えてくれば良いという印象か。それができないなら年始の報知オールスターCという道もあったはず。

馬券は1着をホッコータルマエで固定し、
5→4.6→4.6.7.9という何の面白みもない馬券でしょうか。
6→5→4とか7→6→5とか8→7→6とか(後ろ2つネタ馬券)買うかもしれません。5→7→3は買えないし。
関連記事

テーマ : 南関東公営競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

<< 既に来年へ向けて | ホーム | 今年の馬券回収 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP