RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

今年の馬券回収

まず今年(というか夏以後)の変化。
日曜日にWINSあんまり行かなくなった。浦和に参戦したのは7月以後3回くらいかってくらい。後楽園を入れても10回行っていません(オフト利用除く)。
JRA最終日は意識的にWINS浦和へ行きましたが、いつの間にか入場券売場が開催案内で塞がれていてコインゲートになっていたり、2号スタンドまでの屋根付き通路が青いペンキで塗り替えられていたり、少しお金に余裕ができた浦和競馬らしく小さな改善をしてきますね。
現地も秋は中山に2回行っただけ・・・(府中は結局行かず)。7月中京遠征後の中央現地がステイヤーズSはいくら何でも間隔開き過ぎ。

閑話休題。

2回新潟2回小倉は開催日12日皆勤やっていますし、開催日皆勤した開催が他に3つ。全部夏~秋競馬。

<回収率>
トータルでは81%。寺銭抜けば少し浮きならばまぁ納得の結果。
最も回収できた開催は6月の東京・阪神開催(121%)。次点10月の東京・京都(114%)、11月の東京・京都(105%)。でも10~11月はそんなに買っていない。
しかし8月も2回新潟・小倉は購入金額トータル66万円、回収655300円というほとんど奇跡やってますねw夏競馬どんだけ勝負したんだ自分。この前の開催でも数十万円勝負していた模様。

最低回収率は17%(3月の中山・阪神)。続いて9月の中山・阪神(54%)、7月の福島・中京(64%)。

的中率トータルは53%。10月の東京・京都は的中率3割と低いのに回収率は黒字。そんな開催も珍しい。
的中トータル最上位が8月の新潟・小倉。今年は夏競馬で調子が良かったようだ。

<競馬場別回収率>
東京競馬で119%の黒字達成。次点中山(95%)、新潟(89%)。関東開催域ではプラスもしくは寺銭ライン上・・・・は福島が69%で達成できず。今年も関西競馬の苦手っぷり解消できず、京都(65%)、阪神(59%)、中京(65%)、小倉(79%)。西の平場はわからないっすねぇ・・・
的中率の面では阪神以外は5割越え達成。阪神が37%。
ああ、阪神競馬苦手か・・・(´・ω・`)

<騎手別回収率>
最も買った騎手は福永、内田、岩田、戸崎、北村宏の順。
回収率で黒字になった騎手は北村宏、蛯名(158%)、川田、武豊(150%)、松岡(158%)、柴田善、石橋脩(232%)、池添、Cデムーロ、江田照(253%)、ベリー(203%)、ビュイック(500%オーバー←JCの万馬券が大きかった模様)、嘉藤(262%)、杉原、田中健、宮崎北(303%)、山本、石神、石崎隆之(430%←新潟でのアステールネオ複勝の恩恵)、ムーア(237%)など。

今年の金返せ騎手は北村友一がダントツ受賞。ある程度買っている中で唯一の回収率ゼロかつ、6月末の中京で武豊の馬妨害。降着なら当たっていたのに。更にこれを含む3回+1制裁(+1は裁決室の机を倒した?とかでの加重制裁)。そういう騎手はお寺行ってください。
関連記事

<< 兵庫ゴールドT・東京大賞典 | ホーム | 有馬記念 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP