RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

クイーン賞

◎アムールポエジー
○カラフルデイズ
▲クラーベセクレタ
△カイカヨソウ
△ラフアウェイ

まず人気になりそうな前走GI2着アクティビューティの扱いだが、今回はバッサリ。
メーデイアがいないメンバーかつハンデ戦、相手はかなり手頃になっているが今回は昨年8着に負けた船橋コース、実績がない左回り、昨年から3kg加重され55kgのハンデと悪条件重なった。
昨年のクイーン賞はまだ本格化前と考えても1秒5も離された上52kgでのもの。相手揃ったとはいえ武蔵野Sでは11着、その前の東京1600万下テレビ静岡賞でも10着と左回りでは完全に精彩を欠くタイプ。
平坦右回りでこその馬で買うなら次のTCK女王盃だろう。

近況充実著しいとはいえ今年の好走3戦全てメーデイアに後塵を拝す2着、いくらここ2走GII→GIと連続2着とはいえ格程の信頼は置けず他馬が付け入る隙は十分あると考える。

これなら関東オークス勝利アムールポエジーに期待。関東オークス以来2戦結果が出ていないがレディスプレリュードで0秒5差、対アクティビューティで0秒3差、斤量差は1kgの条件はレディスプレリュードと同じだが今回は左回りで逆転可能と見る。レパードSで全く通用しなかった現状が気にはなるがJBCレディスクラシックを使わず(使えず?)ここへ向かった現状ならば。

ダートは昨年夏福島の安達太良S以来となるがカラフルデイズは2011年の本競走でクラーベセクレタの3着に入っている。久々のダートかつ交流重賞、近況は芝短距離にシフトしていた状況での1800mと条件変更が気にはなるが交流重賞では比較的安定していた事実は軽視できない。

近況不振続くクラーベセクレタも得意の地元かつ今年のメンバーなら。更に鞍上は「大井時代の勝負服」で騎乗する戸崎圭太。とにかく今野との手が合わない馬なので今野が乗っていた数戦をノーカウントとすれば一応復調気配と取れない事はない。昨年のスパーキングサマーカップ以来勝利からは遠ざかっているが1年ぶりの戸崎圭太とのコンビならば前進を期待。前半行けないとあっさり負けるタイプなので前半ある程度出して行って欲しい。

3歳馬ならばカイカヨソウも軽視できないだろう。時計面で地味な1頭だが川島正行厩舎3頭出しは本気の現れ(マニエリスムは勝島王冠除外も絡んでいるが・・・)船橋所属にも拘わらず船橋は初めてという未知数から今回重い印は打てなかったが東京ダービーは本来牝馬苦戦のレースで4着健闘、戸塚記念は本格化したトラバージョには完敗したがある程度時計がかかる展開ならば上位は可能。

もう1頭のJRAラフアウェイはいくら何でもこの距離延長が好材料とは思えないが、ゆるい流れにはなりそうなので。怖いのがサクラサクラサクラ。この相手でも52kgかつ逃げ巧い鞍上なら逃げ切りの場面まで。印上は無印とするが馬券の押さえには。

馬券は◎・○→印各馬+サクラサクラサクラへの馬連・3連複。アクティビューティが過剰人気するようならば美味しい配当にありつけそうですが。

反省会
\(^o^)/
まぁ、あそこまで鮮やかに勝ち切られてはしゃーないっす。
関連記事

<< 交換と格下げ | ホーム | ジャパンカップダート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP