RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

2歳戦強化、かね

このネタにも触れておく必要があるでしょうね。

既にJCD・朝日杯FSの移設、ホープフルSのGII格上げ予定がJRA発表前にリークされていましたが、総じて2歳戦の番組強化、更に「またタグが10年先行っていた」状態になりましたな。

mixi日記に書いた内容のコピペになりますが、変更点を箇条書きするとこんな感じ(見落としはご容赦)
京成杯~ユニコーンSまでの全重賞:ほぼ1週繰り下げ(開催日割りの都合上)
フラワーC:3月3日開催の初日になるため、金曜日(祝日)開催
ファルコンS:3月3日開催の2日目。開催日上は変動しているが以下略
函館2歳S:函館競馬が2週12日開催になるため12年と同じ土曜開催、週も1週繰り上げ
エルムS:8月下旬→7月下旬(札幌開幕週)へ移設。JRAではレパードS~シリウスSまでダート重賞なしに(多分地方ダートグレードに配慮したものかと)
セントライト記念:ラジオ日本が12年から同一週のダート1,800mOP「ラジオ日本賞」へスポンサー競走を移動した後ノースポンサーだったが朝日チャレンジカップから冠スポンサーを移設し「朝日杯セントライト記念」へ、なお中山スタンド改修のため新潟開催、3年ぶりの日曜日開催
9月中山→新潟代替、スプリンターズSが12年ぶりの新潟開催、10月新潟→福島代替
いちょうS→重賞格上げ(新設重賞扱い)、開催時期2週繰り上げ
東京ハイジャンプ:開催日割りの都合上か1週繰り上げ、10月3日開催最終日へ
京都大賞典:開催日割りの都合上10月3日開催最終日(月曜日)へ、多分南部杯と同日開催
アルテミスS→天皇賞週土曜日に移設(1週繰り上げ)、承認されればGIII格がつく
ファンタジーS・京王杯2歳S→開催日1週繰り上げ(11月1週目)
デイリー杯2歳S:開催日5週繰り下げ、11月2週目へ(10月移設前の日程に戻る)
武蔵野S:地味に日曜日→土曜日に移設。福島記念があるからか
福島記念:開催日割りの都合上1週繰り上げ(マイルCS週→エリザベス女王杯週へ)
京都2歳S:GIII格上げを予定、ラジオNIKKEI杯2歳Sからスポンサー移設しラジオNIKKEI杯京都2歳Sへ改題
京阪杯:京都2歳S重賞格上げに伴いJC同日開催へ(JCの発走時刻次第ではJC後最終レース施行の可能性が高いが、WIN5があるのでJCよりは前の時間帯かな?)
東スポ杯2歳S:月曜日開催(11月3日開催の最終日)
JCダート:「チャンピオンズカップ」へ改題、国際招待→国際へ変更、賞金減額(JRA未発表)、中京ダート1,800mへ変更
WSJS:多分東京開催(中京開催になる可能性も?)
朝日チャレンジカップ→冠スポンサーがなくなり「チャレンジカップ」に改題。競艇かよ!
↑競艇は「ボートレース」に改題した時に「競艇王チャレンジカップ」から「競艇王」が外れた

中山大障害:1週繰り上げし朝日杯FS週の土曜日10R?メイン?日没の都合上10R施行としてきたのにこれで11Rにしたら障害ファンは怒るでしかし

朝日杯FS:既報通り、阪神移設

ホープフルS:現状はラジオNIKKEI杯2歳Sの競走機能移設でのGIII格、有馬記念同日開催の中山芝2000mだが、GII格上げ予定、賞金(未発表)は朝日杯FS並に。タグの速風Sみたいに朝日杯FSがGIIになりホープフルSがGIになる可能性が微レ存?

阪神C:開催日割りの都合上土曜日開催へ、JRA最後の重賞とならず。3年ぶりに有馬記念がJRA最後の重賞となる。よって東京大賞典涙目確定(月曜日開催かつ有馬記念翌日、11年前がこんな日程でした)


まず12月開催は3連休の日程が取れない、29日は東京大賞典があるためここでJRAが横取り40萬なんてやりゃ大井が激おこプンプン丸状態(既に2003年にJRAが「有馬記念を28日にするために」いろいろやった事が宝島社ムックに書かれている)になるでしょうからこういう日程になるのは仕方が無いのかねぇ。9月も中山競馬ができないので売上面で苦戦が予想されるからか3月の3連休、金土日開催(3場なので1日休養日を入れて2場ずつ)と11月の3連休の土日月開催(2場3日)という形に。JRAの金土日開催はかなり異例では。中山金日開催でフラワーカップが金曜日のメインレースですか。この週は今年同様の地上波スケジュールならウイニング競馬が金土と2日連続放送、となりそうですが。土曜は中山がないのでこの間のセントライト記念が1日延びた時のように阪神・中京で騎乗がない騎手をゲストに呼んで準雨傘番組かも?

昨年・今年と「有馬記念の翌日に敗者復活戦」があったのですがそれもなくなりましたね。
中山大障害が1週前倒しになった事もあり、年末ギャンブル総決算は中山大障害がまずあり中2日開けて競艇の賞金王決定戦、中4日開けて有馬記念、翌日は地方競馬のグランプリ東京大賞典、更に翌日は初の関西地区・岸和田開催のKEIRINグランプリ、大晦日は来年から大晦日優勝戦に移設される賞金女王決定戦(と日程変更がなければオートのスーパースター王座決定戦だが、賞金女王決定戦とまるかぶりになるスケジュール故開催日を動かす可能性も?過去には賞金王決定戦や有馬記念と同日開催をやってきた事もあるが2014年は開催を行わず2015年1月に14年度スーパースター開催の可能性までありそうだ)

ホープフルSはまさにタグの「チャンピオン杯」的位置づけ。将来的には2歳GIはホープフルSと朝日杯FSの2本立てになるのではないかなと思われます。機能としては新設重賞で無駄に2年過ごすのをJRAは露骨に嫌がっているようで、ラジオNIKKEI杯2歳Sの移設・格上げ(予定)で対処。ラジオNIKKEI杯のタイトルだけは京都2歳Sに移設され、こちらもGIII格予定、と2歳の早い段階から中距離の重賞が増えてきたのは良い事では。2歳の内から2000だけではなく2400も試せればよりいいと思うんですけどね。ここまで中距離の重賞を増やしたのなら2200,2400のオープン特別が1個はあっていいでしょう。
秋季の関東地区でのGIがスプリンターズS・天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念、中山大障害とジャパンカップダート創設以前の数に戻り、関西地区のGI充実は下級条件の東西別出走規定と相反する部分はありながらも歓迎したいところ。関東馬にはかなり不利な材料となりそうですが、関東馬は期待できる馬を早々に栗東に入れないと厳しくなるのかもなぁ、とは。

有馬記念日は11レース制でも今年のジャパンカップデーのように2時台後半に10RとしてホープフルSを持ってきて最終レースに有馬記念、阪神最終レースにファイナルSとしてWIN5を盛り上げる形になりそうだなぁ、と。

さて、セガやコナミが大変そうだ・・・セガはこうやってメダゲの新作を作ると
スターボートプログレス→新鋭王座決定戦を新設してプログレッシブ対象にしたらリアルでは新鋭王座が今年で廃止、来年からは「ヤングダービー」として30歳以下レーサー対象になる

スターホース3シーズン2・・・オープン特別の番組を2013年レーシングプログラム仕様にしたらまた来年はファイナルSが今年のリゲルSと同一条件になりそうなフラグ臭。ホープフルSをプレレースに持ってくるかどうかもシーズンIIIの検討材料、か?シーズンI~IIが約1年半かかったのでシーズンII~IIIが1年きっかりでリリースされるとは思えませんがと。

スターホース2以前はもうどうしようもない(脳内変換でよろ)ですなぁ・・・
関連記事

<< 天皇賞(秋) | ホーム | ゴールドプログレッシブ・ジャックポット >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP