RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

もはや高知競馬でも出ないタイム

昨日で24日間、4開催にわたって続いた函館競馬が終了。
前半は比較的速いタイムも出ていたものの通年の札幌開催になる7月末からは雨の影響が大きくなり、クイーンSあたりから時計がかかる馬場が続く状況。

一旦次週でやや時計馬場に戻ったものの、4回函館はもうむこう10年20年出ないのではないかというタイムが連発。
函館で史上初開催、8月開催時代の函館記念を考えれば17年ぶりの「8月地元記念」だった札幌記念当日。
朝からの雨で4Rタイムが1分14秒台。この日のGC・ITV映像はゴール線を過ぎると1コーナー側から縦位置を映すカメラワークになっており、このカメラワークでは泥やら芝の塊やらがあちこち飛んでいる「重馬場発表」とはとても言えない馬場。
札幌記念当日の9R500万下特別が2分06秒台、札幌記念もそんな感じ。ダート2000mか?というレース。
8月18日の函館はとかく先行有利でヨーロピアン馬場適性がないとまったく走れない馬が続出。
ルルーシュもまったく見せ場ない大敗で秋の天皇賞へ黄色信号点灯。まぁネコタイショウの武豊騎手の騎乗を見て「これはトウケイヘイローで堅いな、ロゴタイプは重ダメそうだからツッパだな」と決めて3連単7万取れたのはいい思い出。

この重馬場は次週も続く。キーンランドカップの勝ちタイムが1分11秒台。開催中の雨がなかった週であったが、
開催前の金曜日に200mmの大雨では太刀打ちできず。

そして先週の函館ロングラン開催最終週。
土曜日の函館競馬場にもうダメ押しというレベルの雨。GC「先週の結果分析」番組内での馬場差はついに4回2~6日目「設定不能」の異常事態。(GC契約して約2年、ここまで「設定不能」が連続したのは記憶にない)

札幌2歳Sの勝ちタイムはあわや2分を越えそうになった1分59秒7。その次の最終レースは芝2000mにも拘わらず勝ちタイムは2分15秒2。上がり4Fはあわや60秒に到達しそうな状況、上がり3Fは馬なり調教並の45秒0。この異常事態はGCで見てもう笑うしかなかった。このレースを実況したラジオNIKKEI中野雷太アナいわく「このタイムにはそうそうお目にかかれない」・・・・また渡辺和昭さんに「雨男」と言われるんだろうな。

もし上がり4Fが60秒を越えた場合、ターフビジョン一体型の着順掲示板にちゃんとタイムが表示されたのか?この点は謎に包まれた。現在の着順掲示板は○○秒○までの表示スペースであるようだし。

日曜日。雨は上がったが馬場回復不可能の末期状態すら越えた馬場。馬場開放ちゃんと行われたんでしょうかね・・・耐久性が低い洋芝オンリーの函館馬場にJRが運休するレベルの大雨が続いたため「馬場悪化でのダート変更もあるのでは?」と疑いましたが、IPAT前日発売が普通に行われたので・・・・
※メジロラモーヌの新馬戦とか、NCK時代には降雪以外にも「馬場悪化」を理由にダート変更されたケースもある

こんな馬場もなかなかお目にかかれず、日刊競馬の大川さんではないですが「面白い競馬」でしたがさすがに最終日は馬券買う気にはなれませんでした・・・
1800m以上のタイム差(平均タイムとの差)が全レース7秒オーバー、10秒オーバーのレースが土日で5鞍。こんな表示にもお目にかかれそうにありません。というか10秒オーバー初めて見たような気がする。
正直なところ、最終週はダート変更でも文句を言う人は少なかったように思います・・・・馬にも優しくないです、あそこまでの馬場は。この4回函館組を今後どう扱うかも難しそうですね・・・9月の中山・阪神は馬場休眠期間明けの野芝。高速馬場必須ですからね。

小倉もラスト2週は重馬場が続きましたが、こちらは逆に地盤が固い+野芝もあり「これ重馬場?」と言いたくなる好タイム連発。最終日こそは芝2000mを中心にだいぶ時計はかかりましたが稍重だったはずの小倉記念でレコードが出るなど、函館とは逆の意味での「変態馬場」だったなぁと。

新潟が新潟らしくなかったなぁと言う感じはあったかなぁ。新潟大賞典のあのタイム見ちゃうと・・・ね。
さて、競馬のシーズンは2ヶ月ぶりに関東へ戻ってきますが・・・正直なぁ・・・・昨年までは3ヶ月関東での開催なし状況もあり、もっとローカルでやっていいのよ?と。
関連記事

<< 扇風機冷却 | ホーム | 選挙の結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP