RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

順番が前後しましたが、笠松競馬場探訪記

7月8日、今回の名古屋・笠松旅打ち旅行の最終日。

日曜日は指定席をとるため慌ただしい朝でしたが、この日は9時半にホテルをチェックアウトすれば良かったので8時頃、NHK朝の連続テレビ小説を見ながらホテルの食堂でゆったりした朝食。
その後は忘れ物のチェックや片付けをしながら、メーテレを見つつ時間を潰す。(メーテレの「ドデスカ!」も見てました。武田邦彦氏出演の日だった事やこの日原発再稼働申請が一斉に来るのではという報道があり当然原発ネタが。あとの局は東京の朝ワイド番組ネット受けですから、見る価値なかった)

名古屋駅太閤口下のコインロッカーに不必要な荷物を入れ、予定より少し早目に名鉄名古屋駅に到着。

KC4A0193.jpg

前日は鳴海方面の電車(4番線)だったので、逆方向の1番線へ。1番線にも中京競馬場の開催案内ポスターが。
わかりづらいと言われる名鉄名古屋駅の停車位置案内もこれだけ充実していれば問題なし。半蔵門線直通・本線系統と日比谷線直通系統で停車位置が違う東武鉄道で慣らされた私に隙はなかった(ぉ
唯一わからなかったのは名鉄岐阜行き特急の「一部特別車」編成が何両特別車編成か。6両中後2両が特別車編成でミューチケット必要席。30分くらいの乗車でミューチケットを使うほどでもない混雑率でもあったので一般車の列へ。一般車はロングシート・クロスシート混在車でクロスシートは2人席・1人席混在。1人席の方が空いたのでそちらへ座る。この区間は電車でGO!名古屋鉄道編で幾度もプレイした事がある路線なので線形や景色などは見覚えがあるものが多い。

10時半頃に笠松競馬場に到着。愛知県・岐阜県の県境を越えると突然右側に見える競馬場。この時間はそれほどの暑さでもなく木曽川沿いなのか、名古屋の暑さともまた違う。それでも日中は36℃まで上がるという予報も出ていたのでさっさと特別観覧席へ。12時までに入ると800円の特別観覧席が600円で入れ、この日は冷房完備のスタンドでゆったり観戦。
特別観覧席は3つあるスタンドのうち一番4コーナー寄りにあるため、ゴール前は席設置モニタ頼りとなる。ゴール前が欲しい人はゴール前にも有料席(冷暖房完備、椅子のみ)があるようだ。ネット中継で見る以上にのどかで、3~4コーナーが川崎のコーナー並にきついなぁという印象。

KC4A0197.jpg

さすがに平日週明けの月曜日、メインもB級1組の特別戦とまったりした番組でお客さんの数はまばら。特別観覧席も最終的に3割程度埋まったかどうか。自分の席も隣が埋まらぬまま帰る時間となった。全体を見ても500人入ったかどうか、という感じに見えるほど閑散としており、経営もかなり苦しいんだろうなぁと感じる。

内馬場に目を向けると「さすらいの競馬ギャンブラー(MONDO21)」で取り上げられたお墓や畑があり、バックストレッチには林が広がる。こういう場所から名馬が時折出るのだから競馬ってわからないですねぇ。
特観席の食堂にはライデンリーダーの優勝レイや過去の笠松名馬の展示がありましたが、その食堂には入らなかったため撮影は自重。

馬券は1Rから3連単で飛ばすも本命が飛びボックスにしときゃという馬券、2Rはゴール前20mまでは取ったと確信したらゴール前に大穴が突っ込んできてハズレ、3Rは3連単的中1票で200万オーバー、馬単に至っては的中なしの70円特払いが発生。
KC4A0202_20130711141447.jpg
そう言えば、特別観覧席のモニタは16インチのAQUOSが2席に1つある形に変わっていました。ただしオッズチャンネルなど複数のチャンネルを選択することはできず、延々ネットライブと同じ映像ソースが流れるのみ。チャンネル操作をしようとしても「ロックされています」との警告が出ます。席モニタがあって12時までに行けば600円。ドリンク類の無料サービスはありませんが良い席ですな。

3Rまで素晴らしく当たらないので気分転換で昼飯へ。ピザ目的で行った食堂アーケード一番左側の洋食店へ。しかし季節柄かピザはやっていないようで、日替わり定食の「トンテキ定食(800円)」を注文。既に4Rの馬券は少しだけ買っている(森島騎手落馬でハズレ。その後森島騎手は動けずで怪我のため水曜日も乗り替わり)。

KC4A0204.jpg

15分くらい待たされましたが、熱々のトンテキとサラダ、野菜スープ(味噌汁との選択制)、小鉢、冷麦茶がつく構成。トンテキは三重県四日市市の名物ですが、牛ステーキと違って味が濃厚だしソースも美味しい。ソースでサラダも食べられる。ミネストローネスープも野菜たっぷりでここ数日の野菜不足にはありがたい一品。名物を食べられなかったのは残念でしたがそれでも「笠松の洋食屋はいい」という声がわかる味。今度行く機会があればその時にピザを食べたいですね。
他のお客さんはそばやビールを注文する人が多かったかな。

少しだけお腹に余裕があったので、他の売店であった肝焼きとどて串(各100円)を注文。キャベツは自由に持って行っていいスタイル。
KC4A0205.jpg

肝焼きはまぁ、普通のレバー焼きですね。割とうまかったです。ただどて串は作ってから時間が経過していたのか固くて食べるのに少し難儀。せっかくのみそ味も抜けてしまっており、あまり美味しくはなかったという印象。時間帯が悪かったのかも。

5R~8Rもまったり打ちながら取ったり取られたり。この日は水沢競馬の場外発売と大井競馬リレーナイターが実施されており、笠松競馬場内では馬券を買えなかったレースも楽天競馬経由で少し買う。
ついでにこれは洒落馬券として大井競馬メインレースの単勝を100円だけ。

kasamatubaken.jpg
↑当たってもこっちでは払戻できないので、超適当。結局外れました。


当初の帰り新幹線は5時半過ぎと決めていたので、名古屋駅周辺でおみやげを買ったりする時間を考えると4時15分発走のメインレースまでいると16時37分笠松発特急の乗車となり、名古屋着は早くて17時であまり時間がないため、9レースが個人的な最終レース。(10Rは楽天競馬で別途購入、的中していました)

KC4A0210.jpg
↑突然障害として登場しレース不成立に追い込んだ「ババヲナラスクルマ」号(違。

確かに人気馬の9番は堅いけどここから入ったんじゃ配当は期待できないのでツッパしようとも思い最初は逃げ馬中心の単勝を購入。最後のほうになって馬単と3連単を買い足すも、2着は抜けにした6番が突っ込んできてしまいハズレ。この日も勝ち組には回れずものどかな場所でゆったり打てた事もありあまり悔しさはない中、名古屋へ戻る事に。笠松駅では日向に出ると汗が吹き出すのでみんながホームの日陰へ避難する状況。この時関東は大変なことになっていたようなのですが・・・

結局それを考慮して名古屋発を1時間遅らせ、6時半過ぎの新幹線で東京へ。東京は確かに涼しくはなってはいました、が。翌日知りましたが東京スカイツリーに落雷があったりと激しいゲリラ雷雨があり、WNIからのメールで大雨洪水警報が出ている事を知ったため、一回栄駅で時間を潰し、台湾ラーメンを食べてから東京に戻る事に。

今回の旅行はほとんどの行程は新幹線だったためあまり疲れもなく、とりあえず洗濯物や部屋の整頓をして眠りに。

笠松競馬場は施設改善しようにもなかなか施設改善ができない状況、という空気感を強く感じる一日であった事は否めません。古き良き時代の地方競馬、の感は残していますが今後危惧される東海・東南海地震などの災害、スタンドの老朽化も問題になるでしょう。有料席は快適にはなっていますが廃止があっても不思議ではないなという危機感を改めて感じた次第。もう1回笠松へ行くまでの間、笠松競馬が残っていればいいのですが・・・
スタンドの老朽化や陳腐化はどこの主催者も頭を抱えている問題でしょう。比較的お金がある南関東地方競馬ならともかく・・・
今回の中京・笠松旅打ちは全体的に満足度の高い旅でしたがもう1日余裕を作って常滑競艇にも行きたかった、あるいは名古屋周辺観光日を1日設定しても良かったかもと。どうしても9日には出社してくれという要請もありやむを得ませんでしたが。今度中京圏へ行くなら冬かなぁ・・・?
関連記事

<< 今回撮った写真 | ホーム | JDD >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP