RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

帝王賞

◎ホッコータルマエ
○ハタノヴァンクール
▲ニホンピロアワーズ
★ローマンレジェンド
☆ワンダーアキュート
夢フォーティファイド

事実上、「史上最強メンバー」と言っていいJRAGI馬勢の順番当てだろう。南関東勢はいずれも元JRA所属な上、すでに下降線に入った馬が多い。唯一大井記念大楽勝のフォーティファイドもJRAオープンでは速い時計に対応した(09年アンタレスS)レースもあるものの下降気味での南関入り。JRA勢が大きくヘグった時や大井の水が合う、となると大物喰いも可能かもしれないが実力面では格下。

馬券妙味よりはどの馬が勝つか、ショーとしてのダートグランプリに期待したい。
本命はダート重賞連勝中のホッコータルマエ。昨年の東京大賞典は賞金不足から補欠に廻りJRA最終日のフェアウェルSに出走するも後にマーチSを勝利する中山ダート1800m巧者グランドシチーの前に完敗。しかし今年に入りめきめき力をつけてきた。昨年のJDDで大井は経験済み(5着)。その頃からJRA古馬1000万下と当たって勝ってからの挑戦と常にハイレベルメンバーともまれ力をつけてきた今なら。

ハタノヴァンクールは前哨戦の平安Sを落としたがニホンピロアワーズとの差は地方舞台になることで逆転可能だろう。ホッコータルマエ相手で昨年のJDDを一番人気で勝利しているし、元々中央のスピード馬場よりは地方の深い砂を得意とするタイプ。
昨年のJCダート優勝馬ニホンピロアワーズも発馬不利のあった12年アンタレスS以外は常に馬券に絡んでいる安定感の強みからこれ以上印を落とすことはできないが、GIレベルの交流戦は初めて。ハタノヴァンクールとは違い交流も実績ありつつもどちらかと言えば中央ダートの方が得意なタイプだけに、取りこぼしの可能性は考えられる。平安Sは59kgを背負っての貫禄勝ちであったが、ハタノヴァンクール以外はGIII級や下降気味のメンバーな点も気がかり。

ローマンレジェンドはきっちり道中気合をつけつつ追走に苦労しなければ強い馬なのだが、リズム面でうまくいかないと昨年のJCDや今年のかしわ記念のような取りこぼしがある馬。スピード馬場自体は中京のジュライSで驚速レコードがあったが昨秋からのこの馬の競馬はどちらかと言えばゴール前の叩き合いで勝ち切る、テイエムオペラオーのような競馬をしてきている点。昨年の東京大賞典でもワンダーアキュートやハタノヴァンクールとの競り合いを制しての勝ちだけに、競り合いに持ち込めるかどうかが鍵。

ワンダーアキュートは昨秋~フェブラリーSまでが激戦続き。当然ここ目標で仕上げてきているし鉄砲・遠征でもJB Cクラシック圧勝のような競馬ができる馬。もう輸送慣れしている可能性もあるのだが昨年春までは関東への輸送でどうしても体重面の変動が激しい馬であったし、昨シーズンがピークであった、と考えたくなる取りこぼしがここ数戦目立っている点から印を落とした。

馬券は本命からの3連単を買う予定。
関連記事

テーマ : 南関東公営競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

<< タビヘイッテキマス | ホーム | 宝塚記念 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP