RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

安田記念

◎ロードカナロア
○グランプリボス
▲ダイワマッジョーレ
★サダムパテック
△ダークシャドウ

ロードカナロアの勢い面では15年前のタイキシャトルと互角のものがあると言える。マイル経験1回だけの現状、府中マイルはスピードだけでは乗り切れない不安視から人気面では混戦模様の一番人気だが、実際は2~3倍前後のオッズでも十分太刀打ちできる馬。不安は5月絶不調の鞍上か。
府中マイルで能力増強となる馬がいない今回、2F延長でも。秋に海外スプリント路線の遠征を考えているならば軽い馬場の府中マイルは克服し無くてはならないし、決してスプリントでしか通用しない馬体とは言えない。

対抗はここ1~2年のマイル路線を引っ張ってきたグランプリボス、同厩のダイワマッジョーレとなる。ただし厩舎としてはマイル路線へ傾倒するあまり(GI出走歴で関東マイル路線への遠征が飛び抜けて多い厩舎である)、グランプリボスで2つの世代限定マイルGIは制覇しているがまだ古馬相手のマイルGIは制覇していない点が気がかり。厩舎お得意のマイル路線であるだけに2頭とも無様な競馬はできないが、頭もどうかという印象。ダイワマッジョーレは距離延長はプラスも一気の相手強化。ここでも通用する余地あるが印上では実績上位のグランプリボスを取る。

昨年のマイルCS勝ち馬サダムパテックがその下の評価。3頭出し西園ラインの総大将と言える。エーシントップが現状まだマイルへの適性に不安を残し今回も外枠。シルポートは先行できても東京ではGIII級までの実績しか残していない。シルポート・エーシントップが露払いになって共倒れになった時にサダムパテックの出番か。鞍上も流石ダービー5勝の武豊。勢いある時は逆らえない騎手だけに、ここは印を落とせない。

押さえにツルマルボーイの再現期待、でダークシャドウ。高速決着自体は天皇賞やJCで証明済み。ただ全盛期は11年~12年だったかという印象で本来の能力からはやや落ち気味に入ってきた感も、厩舎3連覇かかる堀厩舎と相性のいい戸崎圭太を確保。戸崎圭太も大井競馬所属時代のファイナルフォーム以来、JRAの重賞勝利から約1年遠ざかっている現状。交流重賞では先日のさきたま杯をテスタマッタで勝利したが、現状戸崎はGIではやや下げて考えるべき存在も、2年前のリアルインパクトと同じコンビは怖い。
海外馬は1分32秒の決着ならある程度対応可も高速馬場化して以後、外国馬の台頭自体06年のブリッシュラックからしばらくないのも現状。シーズン末期に入る香港競馬路線を考えてもここは印は回せない。グロリアスデイズは「2回目で着を上げたのは近年ではブリッシュラックだけ」の現状、昨年を上回るのは困難。牝馬の通用も厳しい安田記念。ヴィクトリアマイル組からの台頭はマイルでは牡馬とも互角以上に戦えたウオッカだけ。ヴィルシーナ他ヴィクトリアマイル組は消しでいい。印は回らなかったが安田記念は大穴が2着に入り荒れる傾向にあるレース故、東京巧者ガルボは残す。カレンブラックヒルは高速決着に不安残すタイプ故でこの1番枠。正攻法勝負で馬券になるなら昨年の天皇賞でもう少し上があったはずだ。
関連記事

<< 6/2 パドック雑感まとめ | ホーム | 東京優駿・目黒記念 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP