RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

フェブラリーS

◎テスタマッタ
○イジゲン
▲ワンダーアキュート
☆ガンジス・ナムラタイタン・セイクリムズン・エスポワールシチー

今年から東海ステークスが帝王賞の前哨戦からフェブラリーSの前哨戦へ移動し左回り中距離からの前哨戦としての役目となった点で昨年までと違うが、その東海ステークス上位組は少なからず展開や直線進路が狭くなった馬が多数出現し、力を出し切れなかった馬も多数いる。また中京ダート1800mと東京ダート1600mでは求められるモノが違うのは間違いない。今回は大きく評価を下げたい所。昨年のジュライSにおけるローマンレジェンドくらいのパフォーマンスを出せればここでも注目しなければならないが、東京ダートマイルは中距離シフトにも寄れるが基本は短距離であるという事を考えたい。

ロートル世代からそろそろ世代交替があるか、ダートの世代交替なら賞金的にメンバーが肩凝りしやすい地方ダートグレードよりは中央の馬だ、という考え。
しかし昨年のフェブラリーステークスはともかく、近年のフェブラリーステークスは人気馬が比較的順当に絡みやすい印象で。

昨年の覇者テスタマッタにもう一度期待したい。昨年は先行馬多数で一番人気のトランセンドは先行すらできず人気を裏切る程前が厳しい競馬の漁夫の利を活かした事は確か。その競馬がもう一度できるかは五分五分だが脚部不安でいかにも仕上がり途上で59kgを背負い終い何とか伸びてきた形から、今回上積みが期待できる1頭。

世代交代があるならば1分35秒台の決着になる事が必須だが、イジゲン。ジャパンカップダートは元々遠征で結果が出ない堀厩舎。気にすることはないだろうしコーナー4回競馬よりは東京1400・1600と言ったコース2回競馬の方が得意そう。ここ一本に絞ってきた臨戦課程と「イジゲン」の競馬で勝利した武蔵野Sの中身からは一気の戴冠まで可。

川崎記念経由組も決してデータ的には見劣らず、ここ数戦関東への遠征が続いているワンダーアキュートだが▲までとしたい。しぶとさは認めるし3歳時はこの距離で完勝実績あり、昨年も厳しい流れを粘って3着と東京マイルは前走の川崎2100よりは向く条件。しかしJBCクラシック圧勝以後ジャパンカップダートはともかく東京大賞典・川崎記念といずれも競り合いで負けパフォーマンスを落とした状態で迎えるフェブラリーステークス。輸送よりも直線競り合いになった時に弱さを見せないかの方に不安あるし、引退説もある馬だけに無理はしない可能性も。GI級5連戦だけに上がり目は到底望めず、どこまで本来のパフォーマンスを残しているか、パドック・返し馬要注意。

実質1F長い印象あるがガンジスは安定感あるが実質はGIII級の印象。しかし4歳馬のフレッシュさを買って。ナムラタイタンは不振続いたが左回り1600~1800ならパフォーマンスある馬。セイクリムズンは前走苦しい競馬での3着なら、マイルは実績乏しいものの交流ダート短距離でのパフォーマンスを活かせる馬。浦和1400m圧勝の実績からは芝さえこなせば距離は持つと想うのだが。エスポワールシチーが逃げそうな形になりそうだが、東京大賞典は玉砕逃げに打って出たフリオーソがいて、当馬は出遅れた上現状2000mは長く仕方がない敗戦。マイペースなら。ただし近年は7歳以上は実績薄いだけに、そこがダートグレード競走のメインストリームとは違う点。7歳以上の馬に関してはその点を考慮すべきだろう。

初ダートのカレンブラックヒルだがフェブラリーステークスは「ダートのGI」として15年を越える歴史を歩んでいる。「ダートGIの初ダートは基本的に静観」の立場から今回は来たら仕方がないという考えで。
関連記事

<< 戸崎・大井最後の日 | ホーム | 逃走中アルティメット府中絡みのメモ書きその2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP