RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

中山の馬場(1/12~14)推測と土曜の予想。

ウェザーニューズでの3時間毎予報を見ると・・・

今年に入り1回も降雨なし(最後の降水は12月30日)の状態。昨年の5回中山は概ね土曜日に定期的な降雨がありダートはそれなりに時計が出る状態が続いた。しかしそれとは一変しそう。
今日は冷え込んだが土日に限ればこの時期にしては暖かめ、小春日和になりそう。天候もこの2日に限っては安定で芝は傾向変わらず、ダートは凍結防止剤を撒いていないため先週よりも時計がかかる馬場になりそう。パワータイプ優先で考えたいところ。1200mで1分11秒後半~12秒、1800mはクラスにもよるが1分54秒を切る可能性は低そうだ。未勝利レベルでは1分58秒~59秒までかかる可能性も。

フェアリーステークスの推定タイム:58.0-35.5=1.33.5前後。マイルの重賞レベルならばこのくらいの時計は出てもらわないと困る。1分34秒以後になるようならばこの組は桜花賞以後下げて考えるべき。
日曜メインのニューイヤーSも1分33秒後半~34秒前半。

ただし月曜日は雨(または雪。気象庁及びWNIでの予報を見ると現状南関東は雨、の予報だが)が心配。馬場状態も日曜日までとは一変し芝は時計がかかる馬場。月曜朝がかなり冷え込むが降雨予報があるようだと不凍剤を撒かず開催を乗り切る可能性も。月曜日のダート色には注意したい。不凍剤を撒いて雨なら土・日とは一変の前のみ馬場になりそうだが。この雨は火曜日以後の浦和競馬にも当然影響が出る。ニューイヤーカップ(浦和の方)は道悪競馬は避けられない。
もし月曜日が雪になり開催順延になるようならば火曜日は芝に関しては時計がかかる上雪溶けで上滑りしやすそうだ。ダートは基本前残り。

明日の注目は中山2R。
1倍台の1番人気だが◎グリューネヴォッヘ堅軸と見る。新馬の中身はそのままスライドできそうで、馬場は5中山9当時よりは重くなりそうだが、同じパフォーマンスは出せそう。対抗も同新馬3着のメイプルミルクとロマンシングジェムに据え、

3連複5=11.12.15を大本線。
押さえで5=11・15=6・11・12・13・14・15を買う。

フェアリーSは14・15を本線に。
関連記事

<< 日曜の注目レース | ホーム | 逃走中 in東京競馬場前半戦まとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP