RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スーパースター王座決定戦+トップスターカップ事前予想

いつも通りですが、オートレースは試走の出来を最優先に見る競技故、直前で予想を変える場合がありますので、ここでは注目選手を挙げる程度にします。

<川口10R・トップスターカップ優勝戦>
競艇の賞金王決定戦で言えば「賞金王シリーズ戦」に相当するアンダーカード。
これを持ってデビュー前から注目されてきた31期選手は二級車での最後のレースとなり、年明けから一級車へ乗り換え。
第5レースに31期3人出走のレースもありますね。
三日目は斑走路、今日四日目は雨走路での走りだけに良走路へ回復するであろう明日どの選手が上がってくるかが鍵。
この二日間の雨走路で強い所の敗退が目立ち川口勢にかなりのチャンスがある。
地元森且行に期待したい。本来雨走路も乗れるが冬場の走路も乗れるクチであるし、このメンバーなら上位の存在であろう。
スタートを決めるようなら速攻巧者加賀谷、伊勢崎の田村もスピード走路なら逆転も。岡部はここなら最上位格だが晴れ走路はどうしても割引。試走で互角以上なら車券には入れたいが。

<川口11R・スーパースター王座決定戦>
障害のチャンピオン決定戦中山大障害に始まり、有馬記念、賞金王決定戦、東京大賞典、KEIRINグランプリと年末の各種公営賭博のチャンプ決定戦が終わり、トリを務めるオートレースの頂上決戦。
初日から地元唯一のスーパースター進出高橋義弘がフライングで失権、2日目も落車やフライングで決定戦進出資格を失う選手が続出した事は残念である。

2012年、悲しみから始まったオートレースを華やかに締める王者は誰か。

ここはナンバーワン・浜松の金子大輔に期待したい。SGは昨年のオートレースグランプリ1勝だが今年は11月に伊勢崎の周年記念シルクカップ優勝と今勢いに乗っているハズの選手。
初日トライアルでは高橋貢を1対1で競り落とした「機力」。あとは優勝戦用のセットを組めるかどうかだろう。

2010年は試走落車での「無念の失権」、2011年は一度先頭を窺うも浦田信輔に差し込まれた永井大介も4年ごしのリベンジに期待したい一人。スーパースターは4年前、オリンピックイヤーに優勝している。
永井大介にとっても「弟子」を失った所から一年が始まった。その中でのSG2勝、特に同一SG3連覇を決めた川口での日本選手権オートレースは「川口の1コーナー」が鬼門だった当人にとって自信になったはず。天国の弟子にもうひとつ嬉しい報告ができるかどうか。今年は本命にしたい。
高橋貢も「川口でのスーパースター」は年末決戦になった2004年以来優勝がない(2009年の優勝は船橋でのもの)。スタート課題ではあるがこの開催比較的スタートは決めている印象。ここ一番にタイヤを残してきているならば逆転も。

この3人に加えて昨年の王者浦田信輔にも。今年は夏までは浦田天下だったはずだが地元のGI・SGと続く中で調子を落としてしまい悔しいシーズンだったと思われる。新走路がどうかの面あるが夏に川口周年記念を優勝した実績は信頼したい。三日目1着は尻上がりに来ている印象を感じる。

関連記事

<< 明けました。 | ホーム | 東京大賞典 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP