RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

有馬記念の注目馬

とりあえず、5頭程挙げます。予想は明日改めて。

・エイシンフラッシュ
昨年2着。日本ダービーこそスローペースからの3F瞬発戦で勝ち上がったが今年の秋天や昨年2着を見ると本来はある程度上がりがかかる馬場がベストな印象。この開催の中山では33秒台の上がり不要。35秒台~36秒台のどちらかと言えば馬力タイプ活躍であるし、展開問わない。

・ルーラーシップ
今年の春、クイーンエリザベス2世Cを勝利しGI初制覇。この時も道悪で本質中距離馬の強さを見せた。
一番勝てるであろうと思われた天皇賞を落としたのはあるが、宝塚2着・秋天3着・JC3着と不利や出遅れありながらもここに来て本格化気配。母が1番人気で落とし、引退戦は落鉄で5着に負けた舞台であり器用さの面で中山2500mは若干減点材料あるが・・・

・トゥザグローリー
宝塚~JCDまでの3戦がいずれも敗因はっきり。宝塚記念は夏負けするこの馬で力出せず、天皇賞は輸送トラブルがあり東京競馬場への到着が大幅に遅れ既に競馬にならず。JCDは一応ダート使ってみようかというところだが結局ダート適性はなしの大敗。この3連敗で馬がヤル気をなくしていなければいいのだが、一昨年・昨年3着、母も2001年に3着と「リピーター活躍の有馬記念」らしいところを見せている。これでこの人気なら3連複の紐や複勝、ワイド、3連単の3着には入れるべき。冬場は今年も日経新春杯トップハンデ快勝など実力はあるはずの馬、まだ枯れていない。

・ゴールドシップ
前日に大雨があり不良馬場まで悪化した後、回復傾向であるが開催通じて雨に祟られた2~3回中山開催での皐月賞を勝ち切った事を評価。2011年の変則開催で中山は通常より1開催多く馬場を使われたことでかなり馬場が悪かったのも確かであり。1番人気になるだろうがこのメンバーなら主力の1頭。

・ルルーシュ
オールカマーは重馬場原因の敗戦と割り切っていいと思う。ベタ蹄で馬格ある馬かつ、前で競馬をした所で掬われた形での4着。これで秋のGIロードには乗れなかったが比較的メンバー揃ったアルゼンチン共和国杯を好タイムで勝利。有馬記念の頃には良馬場まで回復していそうで、親子制覇に期待かかる。
関連記事

<< 有馬記念予想 | ホーム | 愛知杯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP