RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

フリオーソのラストラン。

日刊スポーツやラジオNIKKEI・地方競馬全国協会などでリリースがありましたが、年末の東京大賞典を最後にフリオーソ号が引退、年明けの1月7日(新年の船橋競馬初日)に引退式を行うとの発表が。

元々ダーレーの馬だったのでダーレー・ジャパンの関連で種牡馬入りは妥当なところ。
2006年の全日本2歳優駿から6年間南関東地方競馬を牽引してきたわけですから、その貢献の大きさや説明不要。
2007年のクラシック世代となると、ドリームジャーニーやウオッカの世代。その馬がここまで現役を続けてきたこと、そして今年に入っても勝ち切れはせずとも地元のJpnI競走ならば上位に入る力を示していたこと。

東京大賞典は戸崎圭太騎手にとって地元大井で迎える最後のGI・JpnI競走になるかもしれない。これは現地行かねばなぁ・・・来年は「JRAの戸崎圭太」になっている可能性もあり得る訳で。
関連記事

<< クイーン賞直前 | ホーム | ジャパンCダート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP