RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

ジャパンカップデー(後編)

ジャンルは「馬券の買い方がグダグダ」なのでこのジャンルです。

東京5R
実は少しだけ買ってました。
→ディープインパクト産駒のダートを信じてはダメでした。というかブライアンズタイムで東京マイルどうよ?で2番人気切った俺をぶん殴りたい。まぁ500円しか買っていませんが。


東京6R
平場では一番の勝負レース。まず1番人気のジャングルクルーズは大丈夫だろうと。2F延長だけが鍵も500万相手なら実績上位。ここから馬連・3連複を手広く。怖いのは昨年の同条件走っているヒールゼアハーツ。
→直線完全に抜けだしたと思ったが、坂上で脚止まる(´・ω・`) ここで5,000円くらい持っていかれました・・・ヒールゼアハーツが2着だったので、こっちからが正解。土曜の京阪杯で3枠2頭のどっちがいいだろうで6選んで失敗といい二択で失敗するなぁ。

京都7R
タマモトッププレイが有力かなとも思うものの、絞りきれず締め切りで買えず。
→タマモトッププレイ勝つし・・・むぅ。

東京7R(ベゴニア賞)
面白いのはガチバトルだろうと。ここから複勝とワイドで穴狙い。
→レコード出る馬場で後ろからはダメだったようで。ちょっと底が割れた感も。

東西7Rは東京6Rの惨敗影響から、思考回路おかしくなっていたかも。

京都8R
難しい一戦も、アルバトンとラフィングメイで1900m向くなら前者でしょうとアルバトンから買う。
→2着の13番人気ワンダースキーが拾えない。拾っていればもう勝ち確定でしたが・・・
ラフィングメイは直線伸びずでアウト。単勝630円複勝270円あるのにこういう時に限って単複押さえていない。

東京8R(任天堂のあんまり知られていないスーパーファミコンソフトJT)←なんだそりゃ
ダート1600mで3歳馬57kg背負うレース。1番人気アメリカンウィナーはいかにも危ない印象があり消し。
買ったのは地方代表山口勲の応援馬券と意外に人気がないシュタルケのサトノティアラの単複、あとは3枠からの枠連。
→あっさりアメリカンウィナーに勝たれる。山口勲も乗り間違いでこれは仕方なし。

ここで東京1Rの貯金がかなり目減りになってきた。まだプラスは維持しているが薄氷状態。

京都9R
冬場なら結果出してくるグッドルッキングは人気なくても(11番人気)積極的に狙う価値はあるだろうと単複を買う。もう1頭買うなら前走の敗戦も大負けはしていないメイショウツガル(6番人気)。
既に京都の芝は内も外もない(どこも荒れていて伸びに大差なし)状態と見ていたので、京都芝1200mのセオリーにも乗っている。

→グッドルッキングは直線伸び欠いて6着もメイショウツガルが前半追っつけ通しも3~4角でようやく行き脚ついて直線追い込んでの2着。人気総崩れで複勝4.1倍つき多少ながら持ち直す。

東京9R キャピタルS
人気がいかにも胡散臭い。トーセンレーヴは速い時計の決着に不安、クラレントは富士Sから2kg増、サンディエゴシチーは大外+藤岡祐介騎手は3鞍のみ騎乗。距離が少し短いが2kg軽くなったセイクリッドバレーと相手軽くなったモンストールから単複。
→まさかまさかの伊藤エ・・・あそこでヤマニンウィスカーとか買えるかよ。WIN5も880万あったのが一気に1万4000まで激減。単勝あやうく4万馬券、複勝でも7000円オーバーの大波乱ながら、2.3着は上位人気で3連単はハネず。
これは事故。仕方がない。流石にこれはどよめきますよね・・・

京都10R 白菊賞
ディープインパクト祭りのこの競走。人気のどこから入るというところで悩んだ結果、今日乗れている川田将雅のディアマイベイビーから馬連総流し。
→山本直也アナ実況で「タンスチョキンが追い込んできた」の場所で爆笑が起きる直線中、ディアマイベイビーが粘り切る。2着が7番人気マイネチャームで総流し正解。8頭立て総買い28点の期待値以上、75倍ゲットでこの日よほどの事がなければ勝ち確定に突入。

東京10R プロミネントジョッキーズT
東京8Rまでの成績をエクセルで集計した上で、「1着・2着勝負駆け以外で優勝可能性がある騎手かつ、ランクB以上の馬に乗っている騎手の単複を買う」と決めていたので暫定3位Z.バートンのサトノパンサーはまず本命に指名。
この時点で1位の浜中はDランクでこれは無理だろうと見送り。あとはムーアのメイショウジンム、ビュイックのチュウワプリンスだがあまりよく見えず見送り。既に優勝圏外だがスミヨンのヴィクトリースターは能力あると思い狙っていき、暫定最下位だった池添のノーステアは大幅馬体増、距離も短いと見て消す。あとは優勝可能性が5着以上勝負駆け相手待ちだったウィリアムズのエスピナアスールがマイペースなら面白いと見て購入。

→サトノパンサーが1着、バートン騎手が文句なしの第26回WSJS優勝。

水沢10R ダービーグランプリ
ブログの通り、ロッソコルサからの馬単と3連単。ちょっと危ないシーンがありながらもゴール前勝ち切る。3着に人気中位だった金沢のアルドラが入り3連単も結構いい配当。順調にJCへ向けて資金つくり成功。
時計も速い馬場の分あれど、水沢2,000mにおけるタイレコード。JCもいいレースでしたがこのレースもいいレースでした。

京都11R 貴船S
ハイペースの前崩れ・・・なら福永乗り替わりのアーリーデイズか京都1200mのオールダートがどうかもサリエルか、でサリエルから狙いに行く
→アーリーデイズ・・・・(´・ω・`)ある程度前残り馬場なら両方買いで良かったかなぁ。

東京11R ジャパンカップ
返し馬・パドックを見る限り評価は17>04>15>13>08という感じ。オルフェーヴルの返し馬が特に印象深い。
馬券は前日記事の通りに購入。
→まず審議について。あれはラフプレーだったのは確かだがオルフェーヴルもまっすぐ走っていないし、ゴールまで相互接触を繰り返している。あの不利があったから「オルフェーヴルが負けた」とは言い難く降着にはならない、という判断だったのではないか。
馬券は3連複的中も配当が10.1倍でトリガミ。でもいいレースを見たので観戦料でいいや、というレース。現状議論になっているが池添騎手・池江師の言い分はちょっと苦しいかなと思いますね。馬の癖によるものを差し引くと・・・

京都12R 太秦S
東京11Rの審議が長引いたため、このレース及び競艇王チャレンジカップの購入がギリギリになる(チャレカは3連単1240円でトリガミ)。前残り馬場確信だったので、前へ行ける中で昇級初戦も能力あるスリーボストンの単と馬単。
→2着馬拾えず馬単ハズレ。単も5倍台でトリガミ。

ばんえい帯広10R
JCの払戻金を十分チャレンジカップに活かせず、伊勢崎オートのシルクカップ3日目12Rも締め切り。直近で買えるレースがこれなので適当に買う。
アアモンドマツカゼがクインカップでは展開失敗で負けた分を取り返す勝利。今回も第二障害で3腰かかり、障害力に問題あるようだが坂降りてからの平地力の高さで勝利。馬単13.2倍的中。

大井8R(最終)
ちょっとだけ大井も購入。戸崎の馬と御神本の馬が人気。戸崎の馬が前走派手に勝っているがC1昇級初戦が特別戦。ならば安定感あるがC1で既に実績ある御神本の馬から流す。
→これが正解でした。

大井の的中で先週の負け分+水曜日の浦和で戸崎から買おうと思ったら隣の真島(人気薄)から買ってしまい二重買いになった挙句石崎駿にやられた分を取り返しました。
さー、年末の中山ですねー。
関連記事

<< 兵庫JGP・直前 | ホーム | ジャパンカップデー(前半) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP