RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

やっぱり阪神に合わせてきた6月開催

昨日、2013年度のJRA開催日程及び2013年から格付けされるダートグレード競走の格について発表あり。

ソースは公式とサンスポ。

まず後者。9月に実施されているオーバルスプリントはJpnIII、レディスプレリュードはJpnIIとして実施とのこと。(サンスポ報道ではGIII、GIIと報道されているが国際競走ではないはずなので「Jpn」格が正しいはず)・・・と思ってNARのソース探したらあってた。なおJBCレディスクラシックは今年度のレースが実施されていないため、今年度のレイティングによってだが賞金からはJpnIIではないかなと。4000万のJpnIだとすると訴求力の面でどうでしょうと。

そして前者。概ねの変更としては
・1月~3月の第3場開催が中京3週→小倉3週→中京3週で実施。
・東海Sと平安Sが条件交換。東海SはフェブラリーS前哨戦として中京ダート1800m(+、2011年までの「東海テレビ杯」が復活。今年東海テレビ杯になっていたプロキオンSは再度ただのプロキオンSに)、平安Sは帝王賞の前哨戦として京都ダート1900mで実施。
・6月の「3回東京競馬」が2週延長され宝塚記念の週までに。これに伴いユニコーンS・東京ジャンプSがそれぞれ2週繰り下がりユニコーンSは6月3週目、東京ジャンプSが6月4週目で実施。関東地区のローカル開催は新潟が2週短縮される形で「6月末~7月は福島、8月~9月頭は新潟」として実施される(ラジオNIKKEI賞、七夕賞の開催時期は今年と同じで、開催スライドによりラジオNIKKEI賞が開幕週、七夕賞は2週目として開催)
・北海道開催は今年より更に1週短縮(6月3週目より)。北海道開催と新潟開催の短縮分がそのまま1月の中京開催へ捻出された形か?なお札幌競馬場の改修工事のため北海道開催はすべて函館での開催。
・10月の新潟開催が「1週目、3週目、4週目」の変則開催に。2週目の3日開催は東京・京都のみの開催。なお祝日利用開催は今年と同じだが、成人の日・体育の日が1週繰り下がっているため月曜開催の適用重賞に変更がある。
・その他日程調整の重賞開催移動があるものの、東海S・平安Sの条件交換以外に重賞の新設・条件の大幅変更はなし。

6月の東京競馬延長は「やるんだろうなぁ」と9月のうちから思っていたこと。ローカル開催の減少は残念だが本場入場者数の減少を考えるとやむを得ない変更と考える。それにしても東京10週はキツイなあ・・・・昔は7月に中山やっていたんだし、そうなると近い将来「7月に中山、8月の5週を半分ずつ折半」なんて事もあるかもなぁと。
ユニコーンSの時期移動は南関東の開催日程にも影響を与えそう。具体的には関東オークスと東京ダービーの開催日程交換か。JDD自体は1週程度の繰下げはあるかもしれないが7月中旬の開催、は変わらないのではないか。あとは「地方競馬IPAT」導入で発売可能な土曜開催とかに持っていけばよりいいのに、とは思うけど現状土曜開催だと発売時間に制約があるので・・・・(JRA自体の日曜先行発売の都合なのだろう・・・・22時からでいいと思うんだけど)。
福島の夏競馬は開催日程の変更に伴い、七夕賞が最終週ではないというのは情緒が失われ残念だ。函館記念の開催日程変更をしてでも最終週へ持って行って欲しかった。
ローカル競馬は地方都市への観光産業活性化の目的も含まれる事から、開催が少なくなる場所は大変なのでは、と心配になる。小倉が冬に1開催、夏に1開催というのは少なすぎではないか・・・?

年末の「有馬記念翌日開催」は実際に経験していないため現時点ではコメントを控える。単純にJRA批判で事をするならば日程全部disれば済むが、そういう問題ではないと思うし、「開催日程の大幅変更」は東海S・平安S以外はなかったので。
関連記事

<< 天皇賞 | ホーム | 菊花賞 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP